Justitia saepe causa gloriae est.

「ユースティティア・サエペ・カウサ・グローリアエ・エスト」と読みます。
Justitia は「正義」を意味する第一変化の女性名詞 justitia の単数主格です。この文の主語です。
saepe は「しばしば」という意味の副詞です。
causa は「原因」を意味する第一変化の女性名詞、単数・主格です。この文の補語です。
gloriae は語尾に注意します。辞書だと gloria, -ae, f. glory (栄光)と記されています。辞書の見出し語のうち、前から数えて二つ目の -ae は単数・属格が gloriae だということを示しています。
gloriae は直前の causa にかけるといいでしょう。「栄光の原因」と訳せます。
「正義はしばしば栄光の原因である」という意味になります。
<余談>いつの世も正直者が馬鹿を見るのでしょうか。
古代ギリシアの詩人ヘシオドスはパンドラの神話などを織りまぜつつ、正義の重んじられる社会の実現を願って『仕事と日』(松平千秋訳、岩波文庫)をかきました。
『論語』に「徳孤ならず。必ず隣あり。」という言葉があります。「正義が孤立する」とは思われません。
ユウェナーリスは逆に、Probitas laudatur et alget. (正直は賞賛され、凍える)と述べました。probitas は賞賛されても、実際には人々に疎んぜられる、という主旨です。