I, sequere Italiam ventis, pete regna per undas.

2015年1月7日

「イー・セクェレ・イータリアム・ウェンティース・ペテ・レグナ・ペル・ウンダース」と読みます。
i は「行く」を意味する eo の命令法・能動相・現在・2人称・単数です。「行け」と訳します。
sequere は「求める、追う」を意味する形式受動態動詞 sequor の命令法・現在・2人称・単数です。「追い求めよ」となります。
Italiam は「イタリア」の単数・対格で sequere の目的語です。
ventis は「風」を意味する ventus の複数・奪格です。「風によって」と訳します。
pete は「求める」を意味する peto の命令法・能動相・現在・2人称・単数です。
regna は「王国」を意味する名詞 regnum の複数・対格です。
per は「・・・を通じて」を意味する前置詞です。対格を支配します。
undas は「波、海」を意味する名詞 unda の複数・対格です。
per undas で「波の間を(通って)」となります。
ウェルギリウスの『アエネーイス』に見られる表現です。カルタゴの女王ディードーが神意(fata)ゆえ自らのもとを去ろうとするアエネーアースに向かって言い放った言葉です。
岡・高橋訳では「行くがよい、風に乗りイタリアを追い求めよ。波頭を越えて王国を目指せ。」と訳されています。女王としての力強くも悲痛な言葉です。

アエネーイス (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 岡 道男
4876981264