Gloria virtutem tamquam umbra sequitur.

2013年11月24日

「グローリア・ウィルトゥーテム・タムクウァム・ウンブラ・セクィトゥル」と読みます。
gloria(女性・単数・主格)はこの文の主語です。
virtutem は「美徳」を意味する第三変化名詞 virtus の単数・対格です。
tamquam は「・・・のように」と訳すことのできる副詞です。この文では、umbra のように、となります。
umbra とは「影」を意味する第一変化名詞の単数・主格です。
sequitur は「後を追う」という意味のデポーネント(形は受動、意味は能動)、三人称・単数・現在です。目的語は virtutem となります。
「栄光は影のように美徳に従う。」と訳せます。
美徳をわがものとするとき、栄光は自ずとついてくる、という意味ですが、逆にいえば、美徳をおろそかにしたまま栄光を追求することは、実体のない影を追いかけるようなものだといえるでしょう。