「ディー・ノース・クァシ・ピラース・ホミネース・ハベント」と読みます。
Dī は「神」を意味する第2変化名詞 deus,-ī m. の複数・主格です。
nōs は1人称複数の人称代名詞、対格です。habent の目的語です。
quasī は「まるで~のように」という意味を表します。
pilās は「球、まり」を意味する第1変化名詞 pila,-ae f. の複数・対格です。quasī pilās で「まりのように」。
hominēs は「人間」を意味する第3変化名詞 homō,hominis c. の複数・対格です。
habent は「持つ」を意味する第2変化動詞 habeō,-ēre の直説法・能動態・現在、3人称複数です。この文では「扱う」という意味で使われます。
「神々はわれわれ人間をまりのように扱う」と訳せます。
プラウトゥスの『捕虜』に見られる表現です(Pl.Cap.22)。
老子の「天地不仁」を思い出します。

ローマ喜劇集 (1) (西洋古典叢書)
プラウトゥス
京都大学学術出版会