Tantae molis erat Romanam condere gentem.

2020年5月25日

「タンタエ・モーリス・エラト・ローマーナム・コンデレ・ゲンテム」と読みます。
tantaeは「これほど大きな」を意味する第1・第2変化形容詞 tantus,-a,-um の女性・単数・属格です。
molisは「塊、重責、困難、苦労」を意味する第3変化名詞 moles,-is f. の単数・属格です。
この属格は、「性質の属格」とみなせます。
eratはsumの未完了過去、3人称単数です。
Romanamは「ローマの」を意味する第1・第2変化形容詞 Romanus,-a,-um の女性・単数・対格です。
condereは「築く、興す」を意味する第3変化動詞 condoの不定法・能動態・現在です。
gentemは「氏族、民族、血統」を意味する第3変化名詞 gens,gentis f. の単数・対格です。
「ローマの民族を興すことは、これほどの大事業であった」と訳せます。
ウェルギリウスの『アエネーイス』に見られる表現です(1.33)。

第1巻序歌に特化した注釈を書きました(Kindle 出版)。

一字一句の文法と語彙の説明を詳述し、逐語訳、意訳、韻律の説明、文法のまとめ、単語集を付けてあります。