Facile omnes, cum valemus, recta consilia aegrotis damus.

「ファキレ・オムネース・クム・ウァレームス・レクタ・コンシリア・アエグローターティース・ダムス」と読みます。
facile は「容易に」を意味する副詞です。
omnēsは「すべての」を意味する第3変化形容詞 omnis,-eの男性・複数・主格です。これは、valēmusで想定される一人称複数の主語nōsと「性・数・格が一致」します。述語的に訳します。「我々はみな」。
cumは「~するときに」を意味する接続詞です。
valēmusは「元気で或る」を意味する第2変化動詞valeō,-ēreの直説法・能動態・現在、1人称複数です。
rectaは「正しい」を意味する第1・第2変化形容詞 rectus,-a,-umの中性・複数・対格で、consiliaにかかります。
consiliaは「忠告」を意味する第2変化名詞consilium,-ī n.の複数・対格で、damusの目的語です。
aegrōtīsは第1・第2変化形容詞aegrōtus,-a,-um(病んでいる)の男性・複数・与格です。damusの間接目的語です。
damusは「与える」を意味する不規則動詞dō,dareの直説法・能動態・現在、1人称複数です。
「我々はみな、元気なときには病んでいる人たちに正しい忠告を容易に与える」と訳せます。
テレンティウスの『アンドロス島の女』に見られる表現です(309)。

ローマ喜劇集〈5〉 (西洋古典叢書)
テレンティウス
京都大学学術出版会