Noli huic tranquillitati confidere.

「ノーリー・フイーク・トランクゥィッリターティー・コンフィーデレ」と読みます。
noli は禁止の命令文を作る言葉(nōlōの命令法・能動態・現在、2人称単数)で、<不定法>をするな、と訳せます。
この文でいえば、その不定法はconfidereです。
huicは「これ」を意味する指示代名詞hic,haec,hoc の女性・単数・与格です。
tranquillitatiは「無風、平静」を意味する第3変化名詞 tranquillitas,-atis f.の単数・与格です。
confidereは「<与格を>信じる」を意味する第3変化動詞confidoの不定法・能動態・現在です。
「この静けさを信じてはならない」と訳せます。
huicは「今目の前にある」というニュアンスです。
この表現に続き、Momento mare evertitur.(ただちに海はひっくり返される)が来ます。
momentoは「瞬間」を意味する第2変化中性名詞 momentum,-i n.の単数・奪格で「ただちに」と訳せます。
mareは「海」を意味する第3変化形容詞 mare,-is n.の単数・主格。
evertiturはeverto,-ere(ひっくり返す)の直説法・受動態・現在、3人称単数で、主語はmareです。
岩波書店の高橋訳を紹介します。
「いまの静けさを信頼してはいけない。一瞬にして海は覆(くつがえ)る」。
セネカの『倫理書簡集』に出てくる言葉です(Ep.4.7)。

セネカ哲学全集〈5〉倫理書簡集 I
兼利 琢也
4000926357