Crescit amor nummi quantum ipsa pecunia crescit.

2018年10月23日

「クレスキト・アモル・ヌッミー・クゥァントゥム・イプサ・ペクーニア・クレスキト」と読みます。
crescit は「増える、成長する」を意味する第3変化動詞crescō,-ere の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
amorは「愛」を意味する第3変化名詞amor,-ōris m.の単数・主格です。
nummī は「金銭」を意味する第2変化男性名詞 nummus,-ī m. の単数・属格です。
quantum は英語のas much as と同じ意味を表し「~するほど」を意味します。
ipsa は強意形容詞ipse,-a,-um(自ら、自身)の女性・単数・主格で、pecūnia にかかります。
pecūnia は「金銭」を意味する第1変化女性名詞pecūnia,-ae f.の単数・主格です。
「金銭自体が増えるほど金銭への愛も増えていく」と訳せます。
ユウェナーリスの言葉です(Sat.14.139)。

ローマ諷刺詩集 (岩波文庫)
ペルシウス, ユウェナーリス
岩波書店