Deus omnia non dat omnibus.

「デウス・オムニア・ノーン・ダト・オムニブス」と読みます。
deusは「神」を意味する第2変化名詞deus,-ī m.の単数・主格です。
omniaは「すべて」を意味する第3変化形容詞omnis,-e の中性・複数・対格です。ここでは名詞的に使われています。「すべてのものを」と訳せます。
datは「与える」を意味する不規則動詞dō,dare の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
omnibusは第3変化形容詞omnis,-e(すべての)の男性・複数・与格です。datの間接目的語です。
「神は全てのものを全ての人に与えない」と訳せます。