Fas est et ab hoste doceri.

「ファース・エスト・エト・アブ・ホステ・ドケーリー」と読みます。
fās は「正しいこと」という意味を持つ中性の不変化名詞です。fas est + 不定法で「<不定法>は正しい」と訳せます。
et は次にくる語を強めます。英語の even と同じ働きです。「~さえ」と訳せます。
hoste は「敵」を意味する hostis,-is c.(男性、女性両方ある)の単数・奪格です。前置詞 ab とあわせて、「敵から」と訳せます。
docērī は「教える」を意味する第2変化動詞 doceō,-ēre の不定法・受動態・現在で、「教えられること」となります。
「敵からさえ教えられることは正しい(よいことだ)」という意味になります。「敵からも学ぶべきだ」という意味でしょう。
オウィディウスの『変身物語』に見られる表現です。