「われ憎み、かつ愛す」:カトゥッルス

2019年10月22日

『ギリシア人・ローマ人のことば』(岩波ジュニア新書)の中に、カトゥッルスの残したことばとして、表題の「われ憎み、かつ愛す」(Odi et amo)が紹介されています。典拠となる85番の詩は、次の2行だけですが、簡潔な表現の中にも、深い恋愛心理の洞察が刻み込まれています(Catullus 85)。

Odi et amo. quare id faciam, fortasse requiris.
nescio, sed fieri sentio et excrucior.

わたしは憎み、かつ愛す。
どうしてそんなことができるのか、
君はたぶん聞くつもりだろう。
わたしにもわからない。
ただそういう気持ちになるのを感じ、苦しむのだ。

「われ憎み、かつ愛す」という表現に凝縮される詩人の内面の葛藤は、「不実な恋人へのうらみ」と共通するテーマといえます。ローマの誇る独自のジャンルとして、しばしば風刺詩と恋愛詩の2つが指摘されますが、カトゥッルスは後者の創始者と目されます。

文法解説

1行目。odi (オーディー)は「憎む」を意味する動詞。完了系時称でしか現れない。完了で現在の意味を表す。類例として、copei (始めた)、memini (覚えている)、novi (知っている)など。
amo (アモー)は「愛する」を意味する第1変化動詞。直説法・能動態・現在、1人称単数。主語は「私」。
quare (クゥァーレー)は「なぜ?」を意味する疑問視。
id (イド)は指示代名詞 is,ea,id (それ)の中性・単数・対格。faciam の目的語。
faciam (ファキアム)は、「行う、する」を意味する第3変化動詞facio,-ere の接続法・能動態・現在、1人称単数。
fortasse (フォルタッセ)は「おそらく、たぶん」を意味する副詞。
requiris(レクゥィーリス)は「尋ねる」を意味する第3変化動詞 requiro,-ere の直説法・能動態・現在、2人称単数。「あなたは尋ねる」。

2行目。nescio (ネスキオー)は「知らない」を意味する第4変化動詞 nescio,-ire の直説法・能動態・現在、1人称単数。「私は知らない」。
sed は「しかし」。
fieri(フィエリー)は「なる」を意味する不規則動詞 fio (フィーオー)の不定法・現在。
sentio(センティオー)は「感じる」を意味する第4変化動詞 sentio,-ire の直説法・能動態・現在、1人称単数。
excrucior(エクスクルキオル)は「苦しめる」を意味する第1変化動詞 excrucio,-are の直説法・受動態・現在、1人称単数。「私は苦しめられる」。