Radix malorum est cupiditas.

2016年6月18日

「ラーディクス・マロールム・エスト・クピディタース」と読みます。
radixは「根、根本」を意味する第3変化名詞 radix,-icis f. の単数・主格です。この文の補語になります。
malorumは「悪」を意味する第2変化名詞malum,-i n. の複数・属格で、radixにかかります。
cupiditasは「欲望」を意味する第3変化名詞 cupiditas,-atis f.の単数・主格で、この文の主語です。
「欲望は諸悪の根源である」と訳せます。
文法的にradixを主語とみなすことは可能です。その場合、「諸悪の根源は欲望である」と訳せます。
新約聖書の言葉です(「テモテ前書」6章10節)。