「コーギトー・エルゴー・スム」と読みます。
cōgitōは「考える」を意味する第1変化動詞 cōgitō,-āreの直説法・能動態・現在、1人称単数です。
ergōは「それゆえ」を表す接続詞です。
sumは不規則動詞 sum,esse(ある、いる)の直説法・現在、1人称単数です。
cōgitōは英語で”I think”、ergōは “therefore”、sumは”I am” となり、英語で全体を訳すと、”I think, therefore I am.” となります。
日本語の直訳は「私は考える。故に私は存在する。」となりますが、「我思う故に我あり」という訳で人口に膾炙しています。
フランスの哲学者デカルトの言葉として知られます。

余談

Cogito ergo sum.の英訳は、I think therefore I am. です。ヘレン・ケラーは、この言葉に出会ったとき、身体のハンディは自分の本質ではない、本質は自分の心にある、という信念を一生支える言葉に出会ったと述懐しています。この言葉のどこにそれだけの力があるのでしょうか。

全体を平易な日本語で訳すと、「私は考える(コーギトー)。それゆえ(エルゴー)私は生きている(スム)」となります。「それゆえ」の前にある言葉(「私は考える」)が、後にくる言葉(「私は生きている」)の理由になっている点に注意します。つまり、「なぜ私は生きているのだろうか?」と問うとき、その答えは、「考えるから」となります。

これは私の想像ですが、色も音もない世界に閉ざされたヘレン・ケラーは、「なぜ私は生きているか?」と何度も自問したことでしょう。彼女にとって、デカルトの言葉はその答えになっているように思われたでしょう。生きる理由は、コーギトー、つまり、物事を自分の頭で考えている限り保証されるというわけです。三重苦の彼女にとって、言葉を用いる活動を何より大切だとみなす考えは、大きな励ましを与えるものだったでしょう。

哲学の言葉としてではなく、ヘレン・ケラーがどう理解したのかを考察すると以上のようになると思います。