Tacere qui nescit, nescit loqui.

「タケーレ・クィー・ネスキト・ネスキト・ロクィー」と読みます。
tacereは「沈黙する」を意味する第二変化動詞taceoの不定法・現在です。
quiは関係代名詞。男性・単数・主格です。
nescitは「<不定法を>知らない」を意味する第四変化動詞、能動態・現在、三人称単数です。
「沈黙することを(tacere)知らない(nescit)人は(qui)」が主語の訳です。
この主語に対する述語動詞が二つ目のnescitで、この語はloquiを目的語に取ります。
loquiは形式受動態動詞loquorの不定法です。
「沈黙することを知らない者は、語ること(語る術)を知らない」と訳せます。