「ケルタ・ミッティムス・ドゥム・インケルタ・ペティムス」と読みます。
certa は「確実な」という意味の第1・第2変化形容詞certus,-a,-umの複数・中性・対格で、ここでは名詞的に使われています。「確実なものを」と訳します。mittimusの目的語です。
mittimusは「失う」を意味する第3変化動詞 mittō,-ere の直説法・能動態・現在、1人称複数です。
一般にはāmittimus の形で知られますが、プラウトゥスの原文ではmittimusです。
dum は「~する間」を意味する接続詞です。
incertaは第1・第2変化形容詞incertus,-a,-um(不確かな)の中性・複数・対格です。ここでは名詞的に使われています。「不確かなものを」と訳します。ptetimusの目的語です。
petimusはpetō,-ere(求める)の直説法・能動態・現在、1人称複数です。
「われわれは不確実なものを求める間、確実なものを失う。」という意味です。
プラウトゥスの言葉です(Ps.685)。