Tacens vocem verbaque vultus habet.

「タケンス・ウォーケム・ウェルバクェ・ウルトゥス・ハベト」と読みます。
tacens は「沈黙する」を意味する第二変化動詞 taceo の現在分詞、男性・単数・主格です。「沈黙している」と訳せます。vultus にかかります。
vocem は「声」を意味する第三変化名詞 vox の単数対格です。
verba は「言葉」を意味する第二変化中性名詞、複数対格です。
habet は「持つ」を意味する第二変化動詞、直説法・能動相・現在、三人称単数です。
「沈黙した顔は声と言葉を持つ」と訳せます。
ローマの恋愛詩人オウィディウスの言葉で、『恋の技術』の中に見られる表現です(Ov.A.A.1.574)。
原文では、言葉を用いずに意中の女性に自分の気持ちを伝えるあの手この手が語られています。

恋の技法 (平凡社ライブラリー)
オウィディウス Publius Ovidius Naso
458276097X