「アウァールス・イプセ・ミセリアエ・カウサ・エスト・スアエ」と読みます。
avārus は「貪欲な」を意味する第1・第2変化形容詞avārus,-a,-umの男性・単数・主格ですが、ここでは名詞扱いされています。「貪欲な者は」と訳せます。
ipse は「~自身」を意味する強意代名詞 ipse,ipsa,ipsum の男性・単数・主格の形です。avārus (貪欲な者)にかかります。
miseriae は「惨めさ」を意味する第1変化名詞 miseria,-ae f. の単数・属格で causa にかかります。
causa (原因)は第1変化名詞 causa,-ae f.の単数・主格で、この文の補語になっています。
est は不規則動詞 sum,esse(~である)の直説法・現在、3人称単数です。
suae は、3人称の所有形容詞 suus,-a,-um (自分の)の女性・単数・属格で miseriae にかかります。
「貪欲な者は自らが自分の惨めさの原因である」という意味になります。
プブリリウス・シュルスの言葉です。