Aurea mediocritas.

「アウレア・メディオクリタース」と読みます。
aureaは第1、第2変化形容詞aureus,-a,-um(黄金の)の女性・単数・主格です。mediocritāsにかかります。
mediocritāsは、「中庸」を意味する第3変化名詞 mediocritās,-ātis f.の単数・主格です。
「黄金の中庸」と訳します。
ホラーティウスの言葉です(『詩集』2.10.5)。

ホラティウス全集
鈴木 一郎
玉川大学出版部

余談

日頃「心のバランス」という言葉を耳にすることがあります。キケローも「人生を通じて心のバランスを保つことは素晴らしい。いつも変わらぬ表情と顔つきをしていられることもまた素晴らしい」と言っています。ローマの格言をいろいろ見ていると、心の激しい浮き沈みを戒める言葉がたいへん多いです。

「心のバランス」と言えば、ホラーティウスの「黄金の中庸」(アウレア・メディオクリタース)がもっとも有名です。「なにごともほどほどが一番」というくらいの意味です。「過ぎたるはなお及ばざるが如し」とも言われるように、何事にせよバランスを取るのは大切です。

ホラーティウスは、逃れられない死の定めについて、また人生の無常について、繰り返し詩の中で語っています。権力や富への過度の欲望にとらわれるべきでないこと、今ある質素な暮らしに満足し、「今日この日を楽しめ」と歌います。「Carpe diem. カルペ・ディエム」の詩でも有名ですね。

英語でも「中庸」のことをゴールデン・ミーンと言いますが、ホラーティウスの「アウレア・メディオクリタース」に遡ると考えられます。アクセントは「アウ」と「オ」に落ちます。二語から成る言葉なので覚えやすく、それでいて重みのある言葉なので、座右の銘にお勧めです。