「芸術」という言葉は、art (アート)の訳語として明治時代に生まれましたが、カタカナの「アート」とともに今ではすっかり日本語の中にとけ込んでいます 。

「芸術」に関する英語の格言に、Art is long, life is short. というのがあります。一般に「芸術は長し、人生は短し」と訳されます。出典はギリシアの医学者ヒッポクラテスの言葉とされ、そのラテン語訳が Ars longa, vīta brevis. (アルス・ロンガ・ウィータ・ブレウィス)です(→ Vita brevis, ars longa.)。

しかし、ラテン語の ars はギリシア語のテクネーに相当し、本来は「芸術」というより、自然に対置される人間の「技」や「技術」を意味する言葉でした。たとえば、英語 art の形容詞形 artificial は、「わざとらしい」とか「人工的な」という意味をもちますが、その反意語は「自然な」という意味を持つ natural です。

ここでヒッポクラテスの言葉に戻ると、彼は「芸術」でなく「医術」について語ったのであり、その趣旨は「人生は短いが、医術を修得するのに要する年月は果てしなく長い」というものでした。つまり、「少年老い易く学成り難し」と同じような意味です。しかし、やがて時代がたち、オリジナルのギリシア語はラテン語に直され、さらに英語から日本語に翻訳される過程を経て、いつしか元の意味とは異なり、「芸術は長し、人生は短し」という日本語が人口に膾炙するようになります。

言葉の歴史とはおもしろいもので、語源でつながっていると言っても、時代が下ると意味の変化するケースが少なくありません。

たとえば、英語のアート(art)を用いた表現として「リベラル・アーツ(the liberal arts)」という言葉があります。大学の「一般教育」、「教養課程」などがその訳語となります(今は死語となりつつありますが)。リベラルは「自由な」という意味ですから、liberal arts の意味を「自由な芸術」と考えてしまうと、それがどうして「教養課程」と結びつくのかわからなくなります(ちなみに明治時代に西周はリベラル・アーツを「芸術」と訳したのでした)。では、元をたどってみましょう。

じつは、アートの語源であるラテン語の ars には「学問」という意味もあり、リベラルには「自由人にふさわしい」という意味が込められていたのです(liberal の語源はラテン語で「自由な」を意味する形容詞 liber です)。つまり、「(奴隷ではなく)自由人(=立派な市民)にふさわしい学問」というのがリベラル・アーツの本来の意味でした。