今日は私、明日はあなた

Hodie mihi, cras tibi. 今日は私、明日はあなた

単語の説明を先にしましょう。mihi は「私のために」、tibi は「あなたのために」を意味します。hodie は「今日」、cras は「明日」という意味です。そのまま訳すと、「今日は私のために、明日はあなたのために」となり、これだけだと何が言いたい言葉なのか、その意味がよくわかりません。mihi と tibi を入れ替えた Hodie tibi, cras mihi. (今日はあなたのために、明日は私のために)であれば格言として「立派」に聞こえます。なぜ「今日は私」で「明日はあなた」なのでしょうか。

実は、表題は墓碑銘に刻まれる言葉として知られます。この場合たとえば mors (死)が省かれているとみなせます。やや専門的な説明になりますが、このような名詞とともに mihi や tibi が用いられるとき、その「名詞」が「私に」または「あなたに」「ある」という意味が出てきます。このことを念頭において表題を意訳すると、「今日は私に、明日はあなたに死が訪れる」という意味になります。日本だと縁起が悪いと嫌われそうですが、欧米では今でも墓地の入り口にこの言葉が刻まれていたりします。

表題のラテン語は、この言葉の「私」を「死者」と解釈するところにポイントがあります。死者から現世を生きる人間へのメッセージというのが、墓碑銘に見られる定番の一つです。「私はあなたであった。あなたは私になるだろう」(Tu fui, ego eris.)というなぞなぞのような墓碑銘も有名です。これも、「私」を「死者」と受け取ることで謎が解けます。「私はあなたのようにかつて現世を生きる人間であった。この墓碑銘を見ている「あなた」もいずれ「私」のように死を迎えるだろう」と。

これらの言葉は、総じて「死を胸に刻んで生きよ」(メメント・モリ)という言葉の類例ととらえることができます。表題の言葉は簡潔にして言わんとすることを伝える秀逸な表現だと思われます。