タイトルは Quod erat demonstrandum. の省略形です。
「クォド・エラト・デーモンストランドゥム」と読みます。
quod は関係代名詞 qui の中性・単数・主格です。この文では代名詞として使われています。「それは」と訳せます。
erat は不規則動詞 sum の直接法・未完了過去、三人称単数です。
demonstrandum は「証明する、明示する」を意味する第一変化動詞 demonstro の動形容詞、中性・単数・主格です。「証明されるべき」という意味です。
「それは証明されるべきであった」と訳せます。「それは(quod) (この証明を行うまでは)証明されるべき状態として(demonstrandum)あった(erat)」というのが直訳です。
今はもう証明し終わった状態です。つまり「証明終了」という意味になります。