Aspiciunt oculis superi mortalia iustis.

2018年10月20日

「アスピキウント・オクリース・スペリー・モルターリア・ユースティース」と読みます。
aspiciunt は「見る」を意味する第3変化動詞 aspiciō,-ere の直接法・能動相・現在、3人称複数です。
oculīs は「目」を意味する第2変化名詞 oculus,-ī m. の複数・奪格です(「手段の奪格」)。
superī は「神々」を意味する第2変化名詞superī,-ōrum m.pl.の主格です。この単語は複数でのみ用いられます。
mortālia は「人間の、死すべき」を意味する第3変化形容詞 mortalis,-e の中性・複数・対格です。この文では名詞として扱われ、「人間界の出来事」を意味します。
iūstīs(=jūstīs) は「正しい、公平な」を意味する第1・第2変化形容詞 jūstus,-a,-um の男性・複数・奪格です。oculīsにかかります。
「神々は公正な目で人間界の出来事を見ている」と訳せます。
オウィディウスの『変身物語』にみられる表現です(Met.13.70)。
語順が入り組んでいますが、一つには詩の韻律の関係でそうなります。
Aspici | unt ocu | līs supe | rī mor | tālia | iūstīs.