Animi bonum animus inveniat.

「アニミー・ボヌム・アニムス・インウェニアト」と読みます。
animī は「魂、心」を意味する animus,-ī m. の単数・属格で bonum にかかります。
bonum は「善」を意味するbonum,-ī n.の単数・対格です。
animus は第2変化名詞animus,-ī m.の単数・主格で、文の主語です。
inveniat は「見出す、発見する」を意味する第4変化動詞 inveniō,-īre の接続法・能動態・現在、3人称単数です。
この接続法は「命令・義務」のニュアンスを持ち、「見出すべきだ、見出すのがよい」と訳せます。
「魂の善良さは魂が見出すべきである。」
セネカの『幸福な生活について』(De Vita Beata)の中に見られる表現です(2.2)。