In magnis et voluisse sat est.

「イン・マグニース・エト・ウォルイッセ・サト・エスト」と読みます。
magnis は形容詞が名詞化されている例です。第1・第2変化形容詞magnus,-a,-um(大きい)の中性・複数・奪格です。
et は次に来る単語を強調し、「~もまた、~さえ」と訳せます。
voluisse は「望む、願う、志す」を意味する動詞 volō,velle の不定法・能動態・完了です。「志したことが」と訳せます。
sat は「十分」を意味する不変化の名詞です。
sat est + 不定法の構文で、「<不定法>は十分である」と訳せます。
「偉大な事柄においては、志しただけでも十分である」というのが直訳です。
普通は、目標を達成することと、志しただけというのでは、評価の上で雲泥の差があります。ところが、偉大なことに関してであれば、それを志しただけでも十分評価に価するという意味になります。
プロペルティウスの表現です(2.10.6)。

Elegies (Loeb Classical Library)
Propertius G. P. Goold
067499020X