Post nubila Phoebus. 雨のち晴れ

文頭のpost はラテン語の前置詞で、英語の after に相当します。ラテン語で post A と表現すると、「Aのあとで」という意味になります。手紙の末尾の略号 P.S. は「追伸」の意味をもちますが、これは Post Scriptum というラテン語の省略形です。つまり、「書かれたもの(scriptum)の後で (post)」というのが本来の意味です。

nubila は「雨雲」を指し、Phoebus(ラテン語読みでポエブス)は「太陽」を意味します。ポエブスは太陽神アポロのことです。表題のラテン語には動詞がありませんが、est を補うと「雨の後には太陽がある(出る)」という意味で理解できます。どんなに雨が続いてもいつかは晴れるように、苦しみが続いた後には必ず喜びが訪れることをこのラテン語は教えています。同じ事を伝える別のラテン語として、Post tenebras lux. (暗黒の後に光)を紹介しておきます。

さて、ここで少し変則的な解釈を紹介します。前置詞 post は英語の behind と同様、空間的な前後関係を示す言葉です。その場合、「雲の後ろに太陽(が存在する)」と解釈できます。どういう意味になるのでしょうか。私はこう考えます。「たとえ雨雲が空を覆っていても太陽の存在を疑うことができないように、世の中を不正の曇が覆っても、善の存在を疑うことはできない」と。

このようにラテン語の表現は自分で自由に解釈を広げても楽しいです。