Non est consuetudo populi Romani, ullam accipere ab hoste armato conditionem.

「ノーン・エスト・コンスエートゥードー・ポプリー・ローマーニー・ウッラム・アッキペレ・アブ・ホステ・アルマートー・コンディキオーネム」と読みます。
consuetudo は「習慣、慣習」を意味する第3変化女性名詞consuetudoの単数・主格です。
populi は「国民」を意味する第2変化男性名詞 populus の単数属格です。
Romani は「ローマの」を意味する第1・第2変化形容詞 Romanus,-a,-um の男性・単数・属格で populi にかかります。
前半の訳は、「ローマ国民の慣習ではない」となります。後半の不定法が主語になります。
第1・第2変化形容詞、女性・単数・対格 ullam はcondicionem を修飾します。否定文において、英語の any と同じ働きをします。
accipere は「受け取る」を意味する第3変化動詞 accipio の不定法・能動態・現在です。
ab は「~から」(英語の from)を意味する前置詞で奪格をとります。
hoste は「敵」を意味する第3変化男性名詞 hostis の単数・奪格です。
armato は「武装した」を意味する第1・第3変化形容詞 armatus,-a,-um の男性・単数・奪格です。hoste にかかります。
condicionem は「条件」を意味する第3変化女性名詞 condicio の単数・対格です。
「武装した敵から条件を受け取ることは」が後半の訳になります。
あわせると、「武装した敵から条件を受け取ることはローマ国民の慣習ではない」。
カエサルが『ガリア戦記』に残したクィントゥス・キケロー(マールクス・キケローの弟)の言葉とされます(5.41)。

ガリア戦記 (平凡社ライブラリー)
ガーイウス・ユーリウス カエサル Gaius Julius Caesar
4582766641