Fecundi calices quem non fecere disertum?

「フェークンディー・カリケース・クェム・ノーン・フェーケーレ・ディーセルトゥム」と読みます。
fēcundī は「豊富な」を意味する第1・第2変化形容詞、男性・複数・主格です。calicēsにかかります。
calicēs は「葡萄酒」を意味する第3変化名詞 calix,calicis m. の複数・主格です。
quem は疑問代名詞 quis の男性・単数・対格です。「誰を」と訳します。
fēcēre は「(AをBに)する」を意味する第3変化動詞 faciō,-ere の直接法・能動態・完了、3人称複数です。
dīsertum は「雄弁な」を意味する第1・第2変化形容詞dīsertus,-a,-umの男性・単数・対格です。
「豊富なぶどう酒は誰を雄弁にしなかったか(必ずした)」と訳せます。
ホラーティウスの表現です(Carm.3.21)。