Fata obstant.

「ファータ・オプスタント」と読みます。
fāta は「運命」を意味する第2変化名詞 fātum,-ī n. の複・主格です。
obstant は「反対する、邪魔する」を意味する第1変化動詞 obstō,-āre の直接法・能動態・現在、3人称複数です。
「運命が邪魔をする」という意味です。
ウェルギリウスの『アエネーイス』第四巻に見られる表現です(Aen.4.440)。ユッピテルの命令に従い、ディードーのもとを去り、イタリアを目指そうとするアエネーアース。ディードーの懇願に対し聞く耳をもちません。なぜなら、Fāta obstant. 運命が邪魔をするからです。
ディードーの悲劇的な結末は歌曲の題材 (Dido’s lament) にもなりました。

アエネーイス (西洋古典叢書)
ウェルギリウス
京都大学学術出版会