Fama semper vivat!

「ファーマ・センペル・ウィーウァト」と読みます。
Fāma は「名声、噂」を意味する第1変化名詞fāma,-ae f.の単数・主格です。
semper は「いつも、常に」を意味する副詞です。
vīvat は「生きる」を意味する第3変化動詞 vīvō,-ere の接続法・能動態・現在、3人称単数です。
この接続法は希望、願望を表すと解釈できます。
「名声が永遠に生きますように」という意味です。
「名声が永遠に不滅でありますように」と解釈してよいでしょう

P.S.
Fama の部分を Curiositas (好奇心)に変えるなど自由にラテン語作文を試みて下さい。ただし主語は単数であることが条件となります。複数なら動詞を vīvant と変えます。Cūriōsitās semper vīvat! 好奇心よ、永遠なれ!