おまえなしに生きていけない:マルティアーリス

2016年6月5日

マルティアーリス『エピグランマタ』の一つをご紹介します。(12.46)

XLVI

Difficilis facilis, iucundus acerbus es idem:
Nec tecum possum vivere, nec sine te.

2行だけの詩です。
1行目は、「同じ君が気難しかったり従順だったり、楽しげだったり気難しかったり」という意味です。それぞれの形容詞は単数主格なので、辞書を引けば意味が載っています。
2行目は、「nec A, nec B」の構文で、A、B ともに否定します。
possum(私は~できる)は不定法 vivere(生きること)を目的語にとります。
tecum= cum te(te は人称代名詞 tu の奪格)のことです。cum は「・・・とともに」を意味する前置詞で奪格を取ります。英語なら with you となるでしょう。
sine は「・・・なしに」を意味する前置詞で、これも奪格を支配します。
「私はおまえとともに生きていけない、おまえなしに生きていけない」という意味になります。

Epigrams, Volume I: Spectacles, Books 1-5 (Loeb Classical Library)
Martial D. R. Shackleton Bailey
0674995554