「ディクトゥム・サピエンティー・サト・エスト」と読みます。
dictum は「言葉」を意味する第2変化名詞dictum,-ī n.の単数・主格です。このままの形で辞書の見出しに載っています。
sapientī は「分別のある、賢明な」を意味する第3変化形容詞sapiens,-entis の男性・単数・与格です。ここでは名詞として用いられ、「賢者」を意味します。与格なので、「賢者にとって」と訳せます。
sat est で「十分である」と訳せます。
「賢者には一言で十分である」という意味です。
プラウトゥスの『ペルシア人』に見られる表現です(729)。

ローマ喜劇集〈3〉 (西洋古典叢書)
ティトゥス・マッキウス プラウトゥス
京都大学学術出版会