Disce, puer, virtutem ex me verumque laborem.

「ディスケ・プエル・ウィルトゥーテム・エクス・メー・ウェールムクゥェ・ラボーレム」と読みます。
disceはdiscō,-ere(学ぶ)の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
puerはpuer,-erī m.(少年、息子)の単数・呼格です。
virtūtemはvirtūs,-ūtis f.(武勇)の単数・対格です。
exは「<奪格>から」を意味する前置詞です。
mēは1人称単数の人称代名詞、奪格です。
vērumqueのvērumは第1・第2変化形容詞vērus,-a,-um(真の)の男性・単数・対格です。labōremにかかります。
-queは「そして」。virtūtemとlabōremをつなぎます。ともにDisceの目的語です。
labōremはlabor,-ōris m.(労苦)の単数・対格です。
「息子よ、武勇と真の労苦を私から学べ」と訳せます。
ウェルギリウスの『アエネーイス』に見られる表現です(12.435)。

アエネーイス (西洋古典叢書)
ウェルギリウス
京都大学学術出版会