西洋古典, 訳と解説

M. TVLLI CICERONIS TVSCVLANARVM DISPVTATIONVM LIBER PRIMVS
哲学をラテン語で語る意義について
1

Cum dēfensiōnum labōribus se ...

西洋古典, 訳と解説

「明日はどこに?」~マルティアーリスの『エピグランマタ』(5.58)
Crās tē uictūrum, crās dīcis, Postume, semper: 1
dīc mihi, crās istud, Pos ...

西洋古典, 訳と解説

quo ruit? extremum hoc miserae det munus amanti: 429
exspectet facilemque fugam uentosque ferentis. 430

彼はど ...

西洋古典, 訳と解説

『ギリシア人・ローマ人のことば』(岩波ジュニア新書)の中に、カトゥッルスの残したことばとして、表題の「われ憎み、かつ愛す」(Odi et amo)が紹介されています。典拠となる85番の詩は、次の2行だけですが、簡潔な表現の中にも、深い ...