訳と解説

ディードーの死(4.693-705)

Tum Iuno omnipotens longum miserata dolorem
difficilisque obitus Irim demisit Olympo
quae l ...

西洋古典, 訳と解説

『アエネーイス』第4巻に「噂」の女神が登場します。famaは「噂」を意味する一般名詞ですが、173行目を見るとFamaと大文字で使われています。これは女神として扱われている例です。ただし「害悪」(174 malum)とも「恐ろしい怪物 ...

訳と解説

ウェルギリウス『農耕詩』第3巻エピローグ:「ノーリクムの疫病」より

478-481
Hīc quondam morbō caelī miseranda coorta est
tempestās tōtōqu ...

お知らせ, 訳と解説

カエサルのラテン語を読むための本を書きました(Kindle出版)。原文の一字一句に語彙と文法の説明をつけています(逐語訳あり)。

ラテン語の文法をひととおり終えた人なら(あるいは途中でも)十分ご理解頂ける内容だと思います。 ...

訳と解説

Gallia est omnis dīvīsa in partēs trēs, quārum ūnam incolunt Belgae, aliam Aquītānī, tertiam quī ipsōrum linguā Celta ...

訳と解説

セネカ『倫理書簡集』3.2を読む

<テクスト>
… (1) Tū vērō omnia cum amīcō dēlīberā, sed dē ipsō prius: (2) post amīcitiam crēde ...

エッセイ, 訳と解説

以下は、ドレミの歌のルーツはラテン語にある、という話です。

詳しいことはウィキペディアの記事をごらんください。

聖ヨハネ讃歌

Ut queant laxīs
resonāre fibrīs ...

訳と解説

セネカを読む

(1) Quem mihi dabis quī aliquod pretium temporī pōnat, quī diem aestimet, quī intellegat sē cotīdiē morī ...

訳と解説

セネカ『倫理書簡集』13を読む「先走りして苦労するな」

Plūra sunt, Lūcīlī, quae nōs terrent quam quae prēmunt, et saepius opiniōne quam rē labōrā ...

訳と解説

今日生きよ(1.15.11-12)

nōn est, crēde mihī, sapientis dīcere ‘Vīvam’;
sēra nimis vīta est crastina, vīve hodiē.

わ ...