ラテン語入門, 西洋古典

第5変化名詞を使った例文を紹介します。

Verte omnis tete in facies.
「ウェルテ・オムニース・テーテ・イン・ファキエース」と読みます。
verteは「変える」を意味する第3変化動詞 ...

ラテン語入門

第4変化名詞を用いた例文の解説をします。

Subito timor omnem exercitum occupavit.
「スビトー・ティモル・オムネム・エクセルキトゥム・オックパーウィト」と読みます。
s ...

ラテン語入門

接続法の用例は、右上の「検索」ボックスに「接続法」と入れれば、接続法を含む例文がたくさん見つかるでしょう。

接続法の単文並びに複文における基本的な用法は、「しっかり学ぶ初級ラテン語」(ベレ出版)のp.254-296をご一読 ...

ラテン語入門

直説法・受動態の活用のうち、しっかり暗記すべきものは「現在、未完了過去、未来」の3時制です。完了系(完了、未来完了、過去完了)は完了分詞にsumの現在、未来、未完了過去を添えます。

直説法・受動態・現在
am ...

ラテン語入門

直説法・能動態・完了
amāvī, amāvistī, amāvit, amāvimus, amāvistis, amāvērunt
vīdī, vīdistī, vīdit, vīdimus, vīdistis, v ...

ラテン語入門

直説法・能動態・現在
第1変化  amō, amās, amat, amāmus, amātis, amant
第2変化  videō, vidēs, videt, vidēmus, vidētis, vident ...

ラテン語入門

覚える事柄が多いですが、実際の文章を読むと出てくる頻度が高いです。しっかり暗記に努めたいです。

人称代名詞
1人称単数 ego, meī, mihi, mē, mē
2人称単数 tū, tuī, tibi, ...

Q&A, ラテン語入門

Q. ラテン語の二重母音は?
A. ラテン語の二重母音(diphthong)はae, au, ei, eu, oe, uiの六つがあります。

au「アウ」 aurum(アウルム)黄金
ae「アエ」 aete ...

ラテン語入門

不規則動詞 eō,-ire(行く)の命令法・現在、2人称複数を含む詩行として、また、接続法もあり、ちょうどよい読解の材料として、次の表現をメモしておきます。出典は、ウェルギリウスの『アエネーイス』(11.24以下)です。なお、日本語訳 ...