ラテン語入門

奪格の用法は多岐にわたります。

分離の奪格

「~から」と訳せます。英語のfromに相当する前置詞ā (ab)と奪格で表される場合が多いですが、奪格単独で同じ意味を表すことがあります(ab は母音と h, abs は特に tē ...

ラテン語入門

絶対的奪格(ablative absolute)とは

奪格に置かれた名詞Aとそれを修飾する語句B(名詞、現在分詞、完了分詞、形容詞など)との組み合わせで「絶対的奪格」と呼ばれる表現を作ります。AとBは主語と述語の関係に置かれます。パッと ...

ラテン語入門

ラテン語のアクセントのルール

2音節以上からなる単語の場合、単語の後ろから数えて2つめ、ないし3つめの音節にアクセントをつける。

1音節の単語の場合
たとえば、pēs(ペース:足)や ōs(オース:口)は、その音節に ...

ラテン語入門

ラテン語に独特な用法です。動詞から作られる形容詞です。

動形容詞の意味と用法

動詞でありながら形容詞の働きをする動詞、それが動形容詞です。日本語の「愛すべき友」といういい方を思い出して下さい。「愛する」というの ...

ラテン語入門

現在、未完了過去、未来の受動態

ラテン語は動詞の語尾を変えることで受動態の文(いわゆる受け身の文)を作ります。現在、未完了過去、未来の受動態は、いずれも現在幹(不定法から-reを取った形)を元にして作られます。以下、受動態の現在時称から ...

ラテン語入門

代名詞的形容詞
1.alius,-a,-ud  他の(other)
2.alter,-era,-erum (2つのうち)他方の(other of two)
3.neuter,-tra,-trum (2つのうち) ...

ラテン語入門

第2変化名詞は、-us で終わる男性名詞と -um で終わる中性名詞に大別できます。それぞれの変化を順に見ていきましょう。

(1)-us で終わる男性名詞

amīcus「友」(アミークス)の変化を紹介します。

単数複数 ...

ラテン語入門

第1変化名詞の例として、stella「星」(ステッラ)の変化を見てみましょう。

単数複数主・呼格stellastellae属格stellaestellārum与格stellaestellīs対格stellamstellās奪格s ...

Q&A, ラテン語入門

タイトルは、「ラテン語講習会の文法を終えた人のために」としてもよいのですが、要は、ひととおりラテン語文法の概要がつかめた人にとって、次の一歩をどう踏み出すかについて、私なりに思うことを以下に述べます。

文法を学ぶ目的の一つ ...

ラテン語入門

第3変化形容詞

ラテン語の形容詞は、第1・第2変化形容詞と第3変化形容詞の2種類しかありません(名詞のように第4、第5変化はありません)。

形容詞としての用法は、第1・第2変化の形容詞と何も違いはありません。ここで学ぶ第3変 ...