ラテン語格言, 第2部の例文

「アー・フォンテ・プーロー・プーラ・デーフルイト・アクゥア」と読みます。
ā は奪格支配の前置詞で、「<奪格>から」を意味します。この文の奪格はfonteです。
fonteは「泉」を意味する第3変化名詞 fons,fo ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「アブ・ホネストー・ウィルム・ボヌム・ニヒル・デーテッレト」と読みます。
ab は「<奪格>から」を意味する前置詞です。āと同じ意味ですが、母音とhの前ではabの形が用いられます。
honestō は第1・第2変化形容 ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「アブ・オーウォー・ウスクェ・アド・マーラ」と発音します。
Abは「<奪格>から」を意味する前置詞です。āと同じ意味ですが、母音とhの前ではabの形が用いられます。
ōvōはōvum,-ī n.(卵) の単数・奪格です ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アブ・ウーノー・ディスケ・オムネース」と読みます。
Abは「<奪格>から」を意味する前置詞です。
ūnōは代名詞的形容詞ūnus,-a,-um(一つの)の中性・単数・奪格です。
disceはdiscō,-er ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アベウント・ストゥディア・イン・モーレース」と読みます。
abeunt は「変わる」を意味する不規則動詞 abeō,-īre の直説法・能動態・現在、3人称複数です。
studia はstudium,-ī n.(熱意 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アビー・アド・フォルミーカム・オー・ピゲル」と読みます。
abī は「去る」を意味する不規則動詞abeō,-īre の命令法・現在、2人称単数です。
formīcam は「蟻(あり)」を意味する第1変化名詞 form ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「アプストゥリト・クラールム・キタ・モルス・アキッレム・ロンガ・ティートーヌム・ミヌイト・セネクトゥース」と読みます。
abstulitは不規則動詞 auferō,auferre(運び去る)の直説法・能動態・完了、3人称単数で ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「アビュッスス・アビュッスム・インウォカト」と読みます。
abyssusは「深淵、地獄」を意味する第2変化名詞 abyssus,-ī m.の単数・主格です。文の主語です。
abyssumは同じ名詞の単数・対格です。 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アッキペ・ダークゥェ・フィデム」と読みます。
accipeは「受け取る」を意味する第3変化動詞 accipio,-ereの命令法・能動態・現在、2人称単数です。
dāqueはdā と-queに分解できます。

ラテン語格言, 第2部の例文

「アッキペ・クァム・プリームム・ブレウィス・エスト・オッカーシオー・ルクリー」と読みます。
accipe はaccipiō,-ere(受け取る) の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
quam prīmum は熟語 ...

ラテン語格言, 第6部の例文

「アッキペレ・クァム・ファケレ・インユーリアム・プラエスタト」と読みます。
accipere は「受け取る」を意味する第3変化動詞 accipiō,-ere の不定法・能動態・現在です。
quam は比較の構文で用いる ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「アッキピテ・ハンク・アニマム・メークゥェ・ヒース・エクソルウィテ・クーリース」と読みます。
accipiteは「受け入れる」を意味する第3変化B動詞accipiō,-ere の命令法・能動態・現在、2人称複数です。

ラテン語格言, 第2部の例文

「アクタ・デオース・ヌンクゥァム・モルターリア・ファッルント」と読みます。
actaは「行為」を意味する第2変化名詞 actum,-ī n. の複数・主格です。
deōsは「神」を意味する第2変化名詞deus,-ī m ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「アクタ・エスト・ファーブラ」と読みます。
acta はagō,-ere(行う)の完了分詞、女性・単数・主格です。fābulaと性・数・格が一致します。
est は不規則動詞sum,esse(である)の直説法・現在、3 ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「アクタ・ノーン・ウェルバ」と読みます。
actaは「行動」を意味する第2変化名詞 actum,-ī n.の複数・主格です。
nōn は「~でない」を意味する副詞です。
verbaは「言葉」を意味する第2変化名 ...

ラテン語格言, 第1部の例文

「アド・アストラ・ペル・アスペラ」と読みます。
前置詞 ad は対格をとり、「<対格>へ、<対格>に向かって」という意味を表します。
astra は「星、星座」を意味する第2変化中性名詞 astrum,-ī n. の複 ...

第4部の例文

「アド・スペルウァクア・スーダートゥル」を読みます。
adは「<対格>に」を意味する前置詞です。
supervacuaは第1・第2変化形容詞supervacuus,-a,-um(無益な、無駄な)の中性・複数・対格です。 ...

ラテン語格言, 西洋古典

「アド・ウトルムクゥェ・カースム・パラートゥス」と読みます。
adは「<対格>に対して」を意味する前置詞です。
utrumqueは「2人、2つのうちのどちらも」を意味する代名詞的形容詞uterque,utraque,u ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「アッデ・パルウム・パルウォー・マグヌス・アケルウス・エリト」と読みます。
addeは「加える」を意味する第3変化動詞addo,-ere の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
parvumは「僅かの」を意味する第1 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アデス・アニモー・エト・オミッテ・ティモーレム」と読みます。
adesは「そこにある」を意味する不規則動詞(合成動詞)assum(ad+sum)の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
animōは「心」を意味する第 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アドウェルサ・ウィルトゥーテ・レペッロー」と読みます。
adversa は「逆境、不運、災難」を意味する第2変化中性名詞 adversum,-ī n.の複数・対格です。
virtūte は「勇気」を意味する第3変化名 ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「アエクァム・メメントー・レーブス・イン・アルドゥイース・セルウァーレ・メンテム」と読みます。
aequamは「平静な」を意味する第1・第2変化形容詞 aequus,-a,-um の女性・単数・対格です。mentem にかかり ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アエクゥァト・オムネース・キニス」と読みます。
aequat は「等しくする」を意味する第1変化動詞 aequō,-āre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
omnēs は「すべて」を意味する第3変化形容詞 ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「アゲ・クゥォド・アギス」と読みます。
age は「行う」を意味する第3変化動詞 agō,-ere の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
quod は関係代名詞quī,quae,quod の中性・単数・対格で、先行 ...

ラテン語格言, 第2部の例文

「アゲル・グラウィディース・カーネーバト・アリスティース」と読みます。
agerはager,-grī m.(畑)の単数・主格です。
gravidisは「重い、稔った」を意味する第1・第2変化形容詞gravidus,-a ...

ラテン語格言, 第4部の例文, 第5部の例文

「アーレア・ヤクタ・エスト」と読みます。
Ālea は第1変化名詞 ālea,-ae f.の単数・主格で、「賽、さいころ」の意味です。
jacta は「投げる」を意味する jaciō,-ere の完了分詞 jactus ...

ラテン語格言, 第3部の例文

「アリエーナ・ノービース・ノストラ・プルース・アリイース・プラケント」と読みます。
aliēnaは「他の、他人の」を意味する第1・第2変化形容詞 aliēnus,-a,-um の中性・複数・主格です。名詞的に用いられ、「他人の ...

ラテン語格言, 第5部の例文

「アルティッシマ・クゥァエクゥェ・フルーミナ・ミニモー・ソノー・ラーブントゥル」と読みます。
altissima は「深い」を意味する第1・第2変化形容詞 altus,-a,-um の最上級、中性・複数・主格で flumina ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アマンス・シークト・ファクス・アギタンド・アルデスキト・マギス」と読みます。
Amans は「愛する者、恋人」を意味する第三変化名詞、単数主格です。
sīcut は「~のように」を意味します。
fax は「松 ...

ラテン語格言, 第4部の例文

「アマンテース・アーメンテース」と読みます。
amantēsは「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の現在分詞・男性・複数・主格の名詞化したもの(=「愛する者は」)です。
厳密にいえば amantēsは女 ...