今日の俳句は芭蕉の「梅咲いて 喜ぶ鳥の 景色かな」を扱いました。

その後、先日紹介した年少児の俳句を紹介したとき、「わーすごい」という声が上がりました。

作者名を言った時点で年少児のKちゃんとすぐにわかった子どもたちでした。

俳句の後は、午前中いっぱい使って全学年が舞台練習をしました。

舞台で演じることも大切ですが、舞台の演技を静かに見ることもそれに劣らず大切です。

このことで少し注意する場面もありました。

このとき私が大事にしていることについては、「子どもと向き合う心」に書いています。

いよいよ発表会が近づいてきました。やる気がみなぎる子どもたちです。

関連記事: