心のプレゼントをもらって

保護者のお声を紹介します。

うちの娘は人一倍泣き虫のようです。

幼稚園の帰りは、元気一杯で帰ってくるのですが、行く時は泣き虫です。

そんな娘に、年長年中のお兄ちゃんお姉ちゃんは温かい。だまって手をつないで見守ってくれるお姉ちゃん。元気になるお守りをくれるお姉ちゃん。「ぼくがお父さんになったる!」と引っぱってくれるお兄ちゃん。おもしろい事を言って笑わせるお兄ちゃん、お姉ちゃん。お熱で休んだ時、家にお手紙を書いて来てくれたお姉ちゃん etc.

歩く間にどれだけの心のプレゼントをもらっていることか・・・。

その他にも、先生がた、お母さん達、街の人達のあたたかいまなざしで、娘も親も日々成長しているんだなと思います。

歩くことでたくさんの宝物をもらって、身体も心も丈夫になってほしいなと願っています。

お世話になっている皆様に感謝しております。(年少児母)

泣き虫娘のその後・・・

人一倍泣き虫だった娘も、おかげさまでだいぶお姉ちゃんになりました。お友達と手をつなぐようになり、雨の日などは、年少さんの手を引っぱって、はげましたりしているようです。いろんな人達とふれあって、娘なりに大きくなっているのだなあと、おどろいています。勇気をくださった皆様、ありがとうございます。(上の保護者の一年後のおたより)

関連記事: