まごころをはぐくむ――園長日記より

先日の父親参観でお話しした内容について、その導入部分の原稿を以下にお示しします。

私は幼稚園も含め、学校で子どもたちが学ぶことの大事さもさることながら、ご家庭で保護者がはぐくまれる子どもたちの「まごころ」は、それ以上に大切なことだと申し上げたかったことであります。その鍵を握るのが家のお父さんであり、子どもたちが一番ほしいと思っているものは、「まごころをもって接してほしい」という一点です。

最後に「紙のボールのキャッチボール」や「絵本の読み聞かせ」のお話をさせていただいたのは、「父親のまごころ」を伝える有効な方法としてでありますが、本当に大切なことは、出張や残業などで子どもと接する時間がとれなくても、心の中で子どもの笑顔を思い出すことだと思います。

母親と違って時間的にも空間的にも子どもとは一定の距離感が保たれるので、「思い出す」ということが重要です(お母さんも、子どもが幼稚園に行っている間、静かに子どもの写真を眺めるなどが有効です。言わずにいたこと、言い過ぎたこと、など心で整理できるでしょう)。

以下、原稿の引用です。

父親参観日でのお話

おはようございます。

本日はお休みの日ですが、父親参観にお足運び頂き、まことに有り難うございました。また、お父様のご都合がつかれないなどで、代わりにご参加下さいましたご家族の皆様にも感謝申し上げます。

さて、今から少しばかり時間をいただき、本園の日頃の取り組みをご紹介しながら、ご家庭での教育のあり方について、日頃感じておりますことをお話しさせていただきたいと大見ます。

本園は今年で創立60年を迎えますが、創立当初より、歩いての送り迎えを実践してまいりました。子どもたちは手をつなぎ、毎朝山道を登ってきます。そこから一日の保育が始まります。

そこには様々な意味がこもっています。心の面ではくじけず、最後まであきらめない強い精神力が養われます。体の面では知らず知らずのうちに、足腰が鍛えられます。

ちなみに片道1キロの距離を3年間歩いたとしますと、卒園する頃には1500キロ歩いたことになります。また、これに加えてお山の石段は200段ほどあります。海抜100メートルと言われますが、実質的に高低差が30メートルであると見積もった場合、「登り」だけで1年で7500メートル登る計算になります。毎年、富士山をふもとから2度登ることになります。

このように、心と体を強くするという面に加え、もう一つ忘れてならないのは、人間としての「心の優しさ、思いやり」を育てるという一面です。
子どもたちはバラバラに競走して歩かされているのではありません。年上の子どもたちは年下の子どもたちをいたわり、守りながら全員が一つになって歩いています。

手と手をつなぐという経験は、心と心を通わせる経験であります。

人間は、「愛されて人を愛することを学ぶ」と言います。まさしく、年少の子どもたちは日々優しく守られることをたっぷり経験することで、やがて学年が上がるにつれ、今度は年下の子どもたちを進んで守り、いたわろうとします。
ところで、この「思いやりの心」は、先ほどあげた歩く距離の計算のように、目に見える形で計算できるものではありません。3年間幼稚園に通えば、これだけ飛躍する、という性質のものではありません。

むしろ、子どもたちの心の優しさというものは、入園当初から大人と変わらない形で、むしろ、大人以上に純粋な形で備わっているのではないか、幼稚園はそれを磨く場に過ぎないのではないか、と私は思います。

つまり、幼稚園という一つの社会では、本来子どもたちに備わる「まごころ」や「やさしさ」といった基本的感情の<表現の仕方>を学んでいるに過ぎない、と思います。たとえば、友だちに優しくしたいけれど、恥ずかしくてつい意地悪してしまう、といった例はよく見受けられます。その場合、優しくしたい、みんなと仲良くしたい、という心そのものは、純粋なものとして最初からあるのだ、という点に注意する必要があります。

そして、このした感情の基本は、幼稚園に入園して身につくものではなく、生まれたときから、ご家庭でご両親やご家族の温かい空気にふれ、育まれるものであるという事実を、再認識していただきたいと思います。

このテーマに沿って、私がまとめた文章がございます。今からそれをスライドを使ってご紹介していきたいと思います。(スライド省略)

以上が話の導入部でした。スライドを使ってお話しした内容は、以下の通りです。

「善きことは」

タイトルのフレーズは「カタツムリの速度で動く」と続きます。マハトマ・ガンジーの言葉です。ゆっくり着実に進むカタツムリを見ているといろいろなことを考えさせられます。一茶は「かたつぶり そろそろ登れ 富士の山」と詠みました。諸説ありますが、カタツムリの時速は人間のおよそ1000分の1だそうです。カタツムリの「速度」でも、「時間」を味方につければ富士山登頂は計算上可能です(そんなカタツムリはいませんが)。これに関連し、「塵も積もれば山となる」や「点滴巌もうがつ」といった格言を思い浮かべることもできます。

たしかに「距離=速度×時間」の公式を用いれば、何だってできそうな気になってきます。ただし、「速度」をゼロにしない限りは。「三日坊主」という言葉があるように、人間にとってこの速度を一定に保つことはじつに難しいことです。勉強の成果は、この公式といかにつきあうかにかかっている、と言い換えることもできます。一定の成果を上げるのに、細く長くいくのか、一気呵成にいくのか。もとより正解はありません。ただ「努力は裏切らない」ということは、この公式から導ける真実だと思います。

しかし、と思うのです。人生の諸問題はこの単純な「速度の公式」だけで解決できるものではないのだ、と。こう言うと「そんなことはわかっている」と誰もが言いますが、私は一歩進めて、この公式が人間の根深い先入観を形成している事実に目を向けたいと思います。

たとえば「子どもは大人の父である」というワーズワースの言葉があります。「年齢を重ねるほど人間は大人になっていく」というのは私たちの「常識」ですが、その考え方がすべてではないことをこの言葉は教えてくれます。たしかに経験の多寡で言えば、年を重ねるほど経験の絶対量は「多い」ということになります。これは「速度」の公式から簡単に導ける事実です。では、経験の「質」はどうでしょう。質と言ってあいまいなら、「心のときめき」や「感動」はどうでしょうか。幼児に軍配が上がるとしたら、これはどういうことでしょうか。

現実的な例をあげます。学校のクラス担任に関して、経験年数の多い少ないが「指導の質」とどう関わるのか、という問題はよく耳にします。私は「経験」×「年数」の結果がすべてを決定するものではないと考えます。

このことは子どもを育てた母親なら誰もが知っている事実です(しかし忘れます)。たとえば三人の子どもがいるとします。母親の「経験」×「年数」の計算で言えば、3人目の子どもは1人目の子どもより条件的に「有利」ということになりますが、本当にそうなのでしょうか。むろん有利も不利もありません。単純な「速度の公式」を超越したところに大切な「何か」があると思われるからです。

「速度の公式」はカタツムリにも適用できますが、人間にあってカタツムリにないもの、それは夢や理想を見る力です。この心の輝きが情熱となって人間を富士登山にも駆り立てるのです。実際、人間以外の動物で「登山」する生き物はいるでしょうか。世の中には様々な人間がいます。様々な人間に様々な夢があり、それが人間社会を形作っています。誰にもその人なりの「富士山」がそびえ立ち、その登頂を志す自由があります。この志に老若男女は関係ありません。

先に示唆したように、子どもを立派に育てたいという思いは、学校の先生であれ、子育てをするお母さんであれ、経験年数とは別次元の問題だということです。同じ原理で、学校教育の現場で、教える者が学ぶ者を尊敬することがありえますし、家庭でも、親が子から学ぶケースはいくらでもあるわけです。

このように考えた上で、再びガンジーの言葉に戻ります。ガンジーの言葉の主語は何であったか。「善きこと」とあります。何が善きことであり、尊ぶべきことなのでしょうか。先に「理想」や「志」という言葉を使いました。確かにある時点で「志」の輝きを比べれば、大人も子どもも違いはないということは言えるかもしれません。しかし、子どもになくて大人に<あるはずのもの>、それは何でしょうか。私は「理想を見失うことなくひたむきに努力を重ねる年月の蓄積」だと考えます。

この<あるはずのもの>が本当に自分の中にあると言えるかどうか、その自省を促す点でガンジーの言葉には深い含蓄があります。子どもは子どもの父(導き手)にはなれません。真摯に努力する大人にとって、手本やヒントになることはあったとしても。現実社会で、一歩一歩夢や理想(「善きこと」)に向かって歩み続ける大人の姿こそ、同じく理想を追求する(可能性を持つ)子どもの真の導き手となるのです。たとえ、その歩みが遅々としてカタツムリの速度と揶揄されるにせよ。

(山下太郎 2009.6.11)

関連記事: