『レアの星』――子どもの死生観

だれしも、死の問題にはあまり触れたがりません。まして、未成熟な子どもに生死の問題と真正面から向き合わせるのは、好ましいことと思われないようです。

しかし、幼い子どもといえども、いや、幼少の時期だからこそ、死のもつ厳粛な意味を知ることによって、生を尊重する意識が芽生え、その後の成長にも大きく影響を与えるものと思われます。

そうした意味で、わたしはある日、幼稚園に付属した「山の学校」ことばの教室(小1,2年生対象)で、『レアの星』の絵本の読み聞かせを行うことにしました。じつは、この絵本を選ぶに当たって、かつて子どもと「生と死」の問題について、感銘を深くしたある出来事との出会いがあったからです。

今から30年以上前の、ある年の秋のお彼岸の頃、お墓参りの帰り道に、母親の身体に子ども二人をロープでしっかり括りつけて、母子三人で奈良の池へ入水心中した事件がありました。この報道を、当時、年長児だったYちゃんが、母親といっしょにテレビで視ていたときのことです。

「あのお母さん、なんで死なはったんや?」
「何かつらいことがあって、生きていくのが苦しくなったのと違う?」
「そんなら、二人の子どもは、なんで死んだんや?」
「そりゃ、お母さんが死ぬから、いっしょに死んだんでしょ。」
「子どもも、いっしょに死にたかったんか?」
「子どもは死にたくなかったけれど、お母さんが死ぬから子どもを置いておけないし、仕方なかったのね。」
「それやったら、そのお母さんおかしいわ。自分が死にたいんやったら、一人で、だまって死ななあかん。子どものこと心配なんやったら、お母さんかて死んだらあかんわ。」
「それじゃあ、もしも、うちが貧乏に貧乏になってどうしても生きていかれへんし、お母さん死ぬいうたら、Yちゃんどうする?」
「ぼくやったら、やめといていうて、お母さんの足もって離さんように、一生懸命引っぱるわ。」
「それでも、死ぬいうたら?」
「それはハクジョウや。ぼく、警察の人にきてもろて、お母さん死なさんように守ってもらうわ。」
「・・・」
「ぼくらな、貧乏になったかて、家の人がみんな一緒やったら、なんともあらへん。絶対に死んだらあかん、絶対にやで。いのち、粗末にしたら、バチ当たるわ!」

まさに、5才の幼児のすさまじいばかりの情念であり、死生観であります。いのちの尊厳を切々と訴えるYちゃんの、上滑りでない、魂をゆさぶる言葉のひと言ひと言は、30年以上経った今もなお、わたしの脳裏に焼きついて離れないでいました。

そうしたとき、たまたま店頭でであったのが、パトリック・ジルソンの手になる『レアの星』の絵本でした。ふつう、動物や植物に姿を借りて、子どもたちに生と死の問題を象徴的に語りかける絵本は多く見られます。中でも『わすれられないおくりもの』や『葉っぱのフレディ』などは、名作として知られています。だがこの『レアの星』は、視点をごく身近な人間間の「友だちの死」に置いているところに、それらとは一線を画しています。

─小児がんにかかった女の子レアと、同級生の男の子ロビンの二人は、残されたわずかな時間の中で、あたたかな友情を育んでいきます。

ある夜のことでした。シーンとした寒い空には、無数の星が光っています。

「ずっと、星を見てるとね、星はひとつずつみんな違うの。大きさも、色も。わたしはあの青くて小さい星が好き。なんて名前かしら?」
「あの星はね、だれかが名前をつけてくれるのを、待ってるんだ。レアみたいに、どんな星よりかわいいあの星は、誰の星でもない、“レアの星”だよ。」

ロビンはそういって、確実に近づく死を自覚しているレアに、希望を与えながら励ますのです。やがて、夜空にかがやく星となったレアの死を通してこの絵本は、死とはなにか、生きるとはなにか、真の幸せとはなにかを、子どもたちに語りかけてくれるのです。

もしも、大好きな友だちが重い病気にかかったら、そしてそれが元で永遠に別れなければならなくなったら。そればかりか、もっと身近な自分の家族のだれかに、もしものことが起こったら?

そんなことにまで、思いを巡らせたのか、『レアの星』の読み聞かせが終わったあと、いつになく神妙に、しばらくは子どもたちの間を静かな時間が流れていました。

やがて、ぽつりぽつり、子どもたちは語りはじめました。

「レアは、かわいそうやけど、ほんまは、幸せなんや。」
「そうや、お星さまになって、天国いけたんやもん。」
「ロビンちゃんと、さいごまで仲良しでいられて、よかったね。」
「ぼくのおばあちゃん、92才で死なはったけど、お星さんになってはるやろか?」
「そら、生きている間にええことしてたら天国いけるんやし、お星さんにかてなれるんとちがう?」
「お星さんになれたかて、ぼく、やっぱり早う死ぬのはいやや。長生きしたいわ。」
「そういうたかて、神さんが決めはることやし、どうにもならんわ。」

ざっと、こんな会話が交わされていました。そこでわたしは、

「そうだね、100才まで生きれるお年寄りもいるし、たった10才で死ぬ子どももいる。人のいのちはだれも自分で決めることはできないね。でも、どんな人にでもできることは、生きている間、いのちの長い人は長い間、短い間は短い間、その一日一日のいのちを大事に、一生懸命生きていくことね。お勉強だって、大人になってからのお仕事だって、何でも、しぶしぶ、いやいや、だらだらしながら生きていても、死ぬときにはきっと悔いが残って、お星さまにはなれないよね。それから、お父さん、お母さん、兄弟、お友達、そういう回りにいる人たちと、こころを込めて、ありがとうの気持ちで、一人一人と大切に過ごしていく。これも大事なことだね。そうしたことが、さっき、お友だちの言った『ええことしてたら、天国いけるし、お星さまにもなれる』ということになるんだろうね。」

子どもたちは、先ほどからの神妙な顔つきを崩さないまま聞いていましたが、教室が終わって園庭へ出るなり、さっそくジャングルジムのてっぺんへ駆けのぼり、街へ向ってヤッホーと呼びかけたり、“泥巡ごっこ”で庭を駆け回ったりして元気いっぱい、ふだんの表情に戻っているのでした。

Yちゃんは、必死になって死を否定しました。ロビンは、静かに死を肯定し、励ましを与えています。まるで正反対のようですが、いずれも、子どもの感性に基づく純粋な死生観です。そして、死の問題と真剣に向かい合った子どもにとっては、それは生涯忘れ得ぬ感動だったのです。

このような、幼少期に受けた感動が、いついつまでも心のどこかに残っていたり、何かのはずみに思い起こされたりして、これからの人生の折々に生きる支えとなったり、判断の道しるべとなってくれるような、そのような絵本や紙芝居の選択に、今後も努めたいと思っています。

と同時に、福音館の松居氏も、「絵本の読み聞かせは、絵本の力を生かす方法である」と強調されるように、充分、読みの練習に時間をかけて、作者の意図が子どもたちの胸の中に浸透するような、そんな、効果ある読み聞かせを目指して、これからも努力したいと思っております。

山下一郎「遺稿集」より

関連記事: