幼な子へ贈る父の遺言状

ほとんど十数年ぶりに、卒園児のK君が幼稚園を訪ねてきてくれました。彼の父親は消防士で、彼が5才のとき、二人の子どもを救うために猛火の中へ飛び込み、一人は助け出したのですが火勢が強く、もう一人を助けに入ったとき、力尽きて殉職しました。

それ以来今日まで、彼は、母一人子一人の家庭で育ってきたのです。

久しぶりに会ってみて、彼が、清々しい爽やかな青年に成長しているのに、私は思わず感動を覚えました。両親が揃っていてさえ、崩れた少年の多い昨今、母一人子一人で良くぞ見事に成長してくれたと、彼と、彼の母親に感謝したい気持ちでいっぱいでした。

彼は話のついでに、こんなことをポツリと洩らしてくれました。

「ぼくの父は生前から、ぼくに遺言状を書いていたのです」

 これには驚きました。彼の父親が亡くなったのは、恐らく30才前後のことでしょう。その若さで、わずか5才の息子に遺言状を書いていたというのです。

“お父さんは、いい加減な気持ちで消防士になってはいない。いつ、火の中で命を失うかも知れない。だから、今から言っておく。Kも大きくなったら、どんな仕事でもいい、人のお役に立つことに、責任と誇りを持って真剣に取り組んでほしい。お母さんを大切にして、悔いのない人生を歩んで下さい”

 この遺言状は、彼が中学生になった日の入学式当日、母親から手渡されました。

「ぼくは、この父の言葉をいつも心の中で温めていて、何かあると、父ならこんなときどうするだろう?と問いかけながら、ぼくの取るべき道を決めてきました」

 K君の母親は、彼の幼少期から今日に至るまで、折りに触れ、生前の父親の考え方や生きざまを熱く語りながら、彼を励まし続けてきたということです。

彼には父親はいなくとも、父親は常に彼の心のなかで生き続けています。義務感と責任感、正義と勇気、思いやりと感謝の気持ち、それらをいっぱい身につけて、彼はきっと、父親の期待に沿った、立派な社会人となってくれることでしょう。

ここに、こころのしつけの一つの姿を見る思いがします。父親のしっかりとした信念と、それを支える母親の亡き父親との一体感、そうしたものがK君のこころの後ろ盾となって、母子家庭ながらも安定した家庭環境が形作られ、今日に到っているものと思われます。

こころのしつけに於いて一番大切なことは、この例にも見られますように、父親と母親とが常に同一方向を向いているということであります。

両親の思考や行動が背中を向き合っている家庭では、いかに両親が揃っていても、子どものこころは常に揺れ動き、不安定な家庭内をさ迷い歩かねばなりません。

ところで、よくよく考えてみますと、初めに申しました“外見上のマナーのしつけ”も、結局のところは、形だけの問題ではなく、こころの問題に帰するのではないでしょうか。

例えば、絶海の孤島に漂流して、一人住まいを余儀なくされているとします。周囲を見回しても、だれひとり人の姿は見かけません。どこまでも自分ひとりです。さまざまな不自由はありますが、ただひとつの利点は、人がいないことです。相手がいないことです。社会との関わりがないことです。ですから、相手のことも社会のことも、なんら気遣う必要はありません。どんなに好き勝手をしても、マナーから外れたことをしても、だれからも、どの社会からもなんのお咎めもありません。

ということは、マナーは人と人との関係のなかに、人と社会との関わりのなかにおいてこそ、成り立つものです。

朝起きて、パパがママと「おはよう」と にこやかに声を交し合う。子どもがパパとママに元気な声で「おはよう」と声を掛ける。タッタ3人の家族というきわめて小さな社会においても、お互い気持のいい挨拶で朝を迎えるのと、3人が3人ともぶすっと不機嫌な表情でいるのとでは、そこから始まる一日の生活への影響には大きな違いがでてきます。

ほんとうはお互い不機嫌なのに形だけ、マナーを守らなければならないから、ほんとうのこころを偽って「おはよう」を言っている、またそれを子どもに強制しているというのでは、マナー本来の意図にも反するわけです。

ですからマナーは、相手がいてその相手に対する心配りが基本になければなりません。しかも、相手の気持ちを生き生きとさせる活性剤のようなものです。相手の笑顔に笑顔でこたえると、相手に不快な気持ちを与えないですむ、こちらが笑顔を見せれば、相手も笑顔でこたえてくれる。この関係のなかで社会生活が円滑に運ばれていくのです。

(※ここで原稿が途切れています)

山下一郎「遺稿集」より

関連記事: