イメージ画像

「収穫を問うなかれ」

山下太郎

表題の言葉は、曾国藩(1811-72)の言葉で、「ただ耕耘(こううん)を問え」と続きます。学校教育にあてはめてみると、なかなか含蓄のある言葉のように思われます。昨今流行の「成果主義」と対照的な考え方ですが、「成果」や「達成」を軽視している言葉ではありません。「成果」はそれ自体を目的として追求するとき、逆に「耕耘」が疎かになり、結果として(思ったほどの)「成果」を得ることができません。

山道を思い浮かべてください。成果主義、すなわち、山のてっぺんに到達するという目的だけを何より重視するとき、私たちは山を登る楽しみを忘れ、一刻も早く(できれば汗をかかずに)てっぺんに着くことを考えます。その結果、楽をして登れる「効果的な」道はないものかと、キョロキョロと「道探し」に気持ちが向かうのが一般です、目の前の道が山頂につながっている事実も忘れて。

大事なことは休まずに目の前の道を歩き続けることです。「成果」はどうでもよいというのではなく、「耕耘」と「収穫」を問う順序が逆なのです。「収穫」を目的にするとき、人はいったんそれを達成すると「耕耘」をやめますが、絶えず「耕耘」を問う者は、必ず新たな「収穫」に向かって挑戦することをやめないでしょう。

さて、「山の学校」は今から五年前、「楽しく学ぶこと」をモットーに旗揚げしました。「楽しく学ぶ」とは「笑いながら学ぶこと」ではありません。事実は逆で、「真剣に学ぶこと」が「楽しく学ぶこと」の本質なのです。「学びの山道」は厳しいものです。しかし、「真剣に学ぶこと」を継続すれば、誰にとっても、その道は楽しいものに見えてきます。漢字や計算が苦手なまま中学に入ったり、中学で学ぶ数学や英語が疎かなまま高校に進学した場合、目の前の道が厳しくそびえて見えるのは当然です。ただ、本人の中に「耕耘を問う」気持ちがある限り、いくらでもチャンスはあります(必ず道はつながっています)。「山の学校」の仕事は、生徒が山道のどこにいても(学校の成績がよくても悪くても)やることはいつも同じです。絶えず「耕耘を問う」よう励ますこと以外にありません。

古代ギリシアの詩人ヘシオドスは「神は幸福の前に汗を置いた」と述べました。汗をかいて目の前の道を登り続けるとき、その歩みはたとえ遅々としたものであっても、いつか「よくここまで登れたなぁ」と感嘆し眼下に広がる景色を眺める瞬間が訪れるでしょう。あせって「成果」ばかりを問う人は、なかなかその瞬間を待つだけの忍耐をもつことができません。「収穫」は心の中で信じるにとどめ、日々「耕耘」を問うこと(=耕耘をさぼっていないか自省すること)が何より大切であると信じ、私たちは日々生徒たちと一緒に、「学びの山道」を登っています。(担当講師による日々の記録はブログにてご覧下さい)。
(2007.3)

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

学ぶことを楽しむために

山下太郎

ノーベル賞を受賞した益川先生によると、今の日本は「教育熱心」ではなく、国を挙げて「教育結果熱心」である点が問題だと言います。「結果」に一喜一憂していては勉強が面白くなくなる、というのがその主張の骨子です。「結果熱心」ということで言えば、「収穫を問うなかれ」という曾国藩(1811-72)の言葉を連想します。この言葉は「ただ耕耘を問え」と続きます。収穫、すなわち結果はどうでもよいというのではありません。結果を気にする前に「耕耘」、すなわち日々の努力を大切にせよという趣旨です。

日本の昔話にも大切なヒントが隠されています。「こぶとりじいさん」、「雀のお宿」、「花咲じいさん」といった昔話を思い浮かべてみれば、これらの物語において、「結果熱心」、すなわち「世の中、結果がすべてだ」と考える立場は、果たして善良なおじいさんの立場か、それとも意地悪じいさんの立場か、どちらでしょうか。善良なおじいさんは、結果的に宝物を手に入れますが、最初からその「結果」を目的として行動したのではありません。

では、意地悪じいさんにはなくて、善良なおじいさんにあったものは、何であったのでしょうか。私は、こぶとりじいさんにとって、それは踊りを愛する心であり、花咲じいさんにとって、それは飼い犬シロを愛する心であったと考えます。この「愛する心」が根っこにあればこそ、道は自ずと幸せな結末に通じていくのです。

学びの山道においても、この「愛する心」があれば、道は自ずと上方に通じています。学びを愛する心とは、学びを楽しむ心です。「楽しむ」と言うと安易に聞こえますが、事実は逆で、それはTVやゲーム等の「もてなし」による楽しみとは本質的に意味が異なります。私たちは実際に山道を歩くことで汗をかき、すがすがしい気持ちになるでしょう。じっとしているより山道を歩く方がずっと「しんどい」はずですが、なぜかこの「しんどさ」は「充足感」や「喜び」に通じています。実際、「汗をかくことを楽しい」と感じる経験が「学びを愛する」王道なのです。

人間は生涯学び続けることができる、という考えに立つとき、その「学び」の先に何があるのか、誰しも気になるところです。しかし、昔話に出てくる善良なおじいさんたちは、そのことを問いませんでした。「何の役に立つのか」という「結果熱心」の問いには、「きっと何かの役に立つ」とのみ答えておきましょう。

さて、「山の学校」ではこの秋学期も、「学ぶことを楽しむ!」をモットーに、それぞれのクラスで様々な工夫を凝らしてまいりました。山登りに喩えるなら、時にひざまずいて路傍の花に目を向け、鳥のさえずりに耳を傾けるクラスもあれば、時に、峻厳な学びの山への畏怖を覚え、「いつかあそこまで」とさらなる高みへの挑戦を誓い合うクラスもあります。その実践の具体的記録の一端を次頁からじっくりご覧頂ければ幸いです。
(2008.11)

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

このページの先頭へ