イメージ画像

ギリシア語学習のすすめ

昨年度のギリシア語講読のクラスの受講生から頂いた感想文です。(以下転載)

 昨年九月からギリシア語講読を受講して、ホメーロスを読んでゐます。広川先生には以前大学でギリシア語入門を教はつたことがあつて、その時の明快な講義には感心しました。この授業でも、一語一語のニュアンスを丁寧に説明して頂いてをります。ギリシア語は「小辞」といふのが難物ですが、これが分つてくるともつと面白くなると思つて努力してゐます。又朗読の仕方は本を読んでも中々分らないのでこの授業に参加したといふこともあつて、特に注力してをりますが、歳をとつて頭が固くなつてゐる所為か、中々進歩しません。

 ところで私が六十才を過ぎてから古典ギリシア語を学び始めたのは、何よりも古代ギリシアが好きだからです。古代ギリシア文化の魅力は、一部門に偏らないその総合性・統一性にあります。彼らの遺したものは、政治制度としての民主政や「自由」の意識から始つて、神話・美術(彫刻・建築・陶器)悲劇・喜劇・叙事詩・抒情詩・歴史・哲学・論理学・弁論・政治学・数学・天文学・動植物学・医学等々、極めて多方面に亘り、しかも世界的水準からみても、いづれも独創的で超一流であることです。このことから、ギリシア文化は「モデル」「範例」としての意義をもち、これと比較することで現代なり日本なりが一層よく分る、といふことがあります。

 ギリシア文化は決して骨董品ではありません。現代でもなほ生きてゐて、切れば血が出るやうな現代性をもつてゐます。ギリシア・ラテンの西洋古典は、我々日本人の教育・教養には殆ど採入れられてをりませんが、これは非常に惜しいといふか、むしろ欠陥だと思ひます。ギリシア語はそれだけ時間をかけて学ぶに十分価するものです。

 是非ギリシア語を、そしてギリシア文化を一緒に学ばうではありませんか。(I.R.さん)

タグ

2011年4月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

ギリシャ語入門A・Bクラス参加者募集中

今春より、ギリシャ語入門コースを2クラス開講します。次回の募集は先になります。この機会をお見逃しなく。

「ギリシャ語入門A」(火曜日 18:40-20:00)
「Thrasymachusを教科書にして一年かけて基礎を修得します。この授業の軸は,帰納的あるいは発見的な学習法です。それに加えて、SLAの研究成果を応用して、いろいろと冒険してみるつもりです。」(広川直幸先生談)

「ギリシャ語入門B」(土曜日コース)
日時:基本的に毎月第2、第4土曜日。午後2:00から休憩を挟んで5:00頃まで(2コマ相当)。日程はお尋ねください。
教科書:J. W. White, First Greek Book(絶版なので古本を買う必要があります。とりあえず御相談下さい。

「火曜日の入門とは違って、伝統的な文法訳読方式を用いて授業をします。教科書に指定したFirst Greek Bookは、アメリカで出版された古典ギリシャ語の教科書の中では、おそらく最もよく用いられたものです。版権が切れていますので、以下のページでダウンロードすることもできます。

http://www.textkit.com/learn/ID/105/author_id/39/」(広川直幸先生談)

※広川先生は現在京都大学文学部でギリシャ語4時間コースの授業をご担当です。

タグ

2011年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス

古典の夕べ~ギリシャ語とラテン語の饗宴

送信者 ラテン語の夕べ
  • ギリシャ語の夕べ16:30-18:00 (担当:広川直幸)
    Οὐκ ἐκ χρημάτων ἀρετὴ γίγνεται,
    ἀλλ᾽ ἐξ ἀρετῆς χρήματα
    ――ことばが人を裏切るとき――
    普段私たちが使っていると思っていることば.道具だと思っていることば.そのことばに私たちが使われているとしか考えられない状況に遭遇したことはないでしょうか.今回は,演題に掲げた,プラトーン『ソークラテースの弁明』30bのことば「お金から徳ができるのではなく,徳からお金ができるのです」を出発点にして,私たちとことばの(主従)関係を少し考えてみましょう.
  • ラテン語の夕べ(一般対象)
    18:30-20:00(担当:山下大吾)
    ケーベル先生と古典-”You must read Latin at least.”の意味
    西洋古典をその核とする本格的な人文主義的教養を日本に初めてもたらしたケーベル先生の言葉とその生涯、さらにその下で学んだ人々の言葉を通して、ラテン語やギリシア語、古典を学ぶ意義を考えます。

タグ

2011年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

ラテン語春の集中講座のご案内

ラテン語春の集中講座のご案内

このたび下記の通り春のラテン語集中講座を企画いたしました。奮ってのお申込みをお待ち申し上げます。

■申し込み先:電話 075-781-3215、fax 075-781-6073 email: taro@kitashirakawa.jp

■講師からのメッセージ
「ラテン語文法の難関である接続法を重点的に扱います。ラテン語の接続法は一見複雑ですが、その成り立ちや感じ方の基本を把握してから、焦らず順を追って学んで行けば、十分理解可能です。今まで教科書や文法書で学んでみたけれども、いまいち接続法が分からないという人が多いかと思いますが、教科書の説明が詰め込みすぎであったり不完全であることが多いので、それは仕方のないことです。この機会に接続法に対する苦手意識を払拭しましょう。」(広川直幸先生)

■日程
3/20、3/27、4/3、4/10
以上4日、いずれも日曜日。時間は午後2時から5時まで(合計12時間)。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

3月のイベント案内(小学生~一般対象)

※3月のイベントはすべて終了いたしました。4月のイベントにつきましては、「こちら」をご覧下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年2月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

3月の一般向けイベントご案内

いずれも山の学校講師による講演・ディスカッションのイベントです(無料)。興味をお持ちの方はぜひお気軽にご参加ください(特別な予備知識は不要です)。

●3/5(土)学びの夕べ(中高生~大人対象)

>>チラシ(jpg)

  • 第1部13:30̶15:00「調査研究の夕べ̶̶調べる・まとめる・発表する」(担当:浅野直樹)
  • 第2 部15:30̶17:00「経済学の夕べ̶̶日本経済のゆくえを考える」(担当:百木漠)

※「京都アカデメイア」との共同企画(第8回模擬授業)です。

●3/12(土)古典語の夕べ(一般対象)
>>チラシ(jpg)

  • ギリシャ語の夕べ16:30-18:00 (担当:広川直幸)
    Οὐκ ἐκ χρημάτων ἀρετὴ γίγνεται,
    ἀλλ᾽ ἐξ ἀρετῆς χρήματα
    ――ことばが人を裏切るとき――
    普段私たちが使っていると思っていることば.道具だと思っていることば.そのことばに私たちが使われているとしか考えられない状況に遭遇したことはないでしょうか.今回は,演題に掲げた,プラトーン『ソークラテースの弁明』30bのことば「お金から徳ができるのではなく,徳からお金ができるのです」を出発点にして,私たちとことばの(主従)関係を少し考えてみましょう.
  • ラテン語の夕べ(一般対象)
    18:30-20:00(担当:山下大吾)
    ケーベル先生と古典-”You must read Latin at least.”の意味
    西洋古典をその核とする本格的な人文主義的教養を日本に初めてもたらしたケーベル先生の言葉とその生涯、さらにその下で学んだ人々の言葉を通して、ラテン語やギリシア語、古典を学ぶ意義を考えます。

タグ

2011年2月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

ラテン語の夕べ

山の学校ではラテン語に関心のある方、これから関心をもつ予定の方を対象に、「ラテン語の夕べ」と題する講演会を開催しています(参加無料)。

ラテン語の夕べ
※会場は北白川幼稚園の園舎を使っています。童心に帰ってラテン語の世界に浸ってください。

「ラテン語の夕べ」の予定と記録

【最新情報】

←ポスター画像(クリックで拡大)

ラテン語の夕べ2012-11

 ●ラテン語の夕べ『ギリシャ・ローマの書籍事情と本屋』

  2012年11月30日(金) 18:30〜20:00

於 北白川幼稚園第3園舎

講師 前川裕(山の学校古典語講師)

テーマに興味のある方ならどなたでもご参加頂けます。

無料です。(お申し込み下さい)

 

 

 

【これまでの講演】

2012.8.24「古典語の夕べ」(漢文・ラテン語)

■漢文の夕べ 村田澪『古代中国の児童教育』

■ラテン語の夕べ 山下太郎『古代ローマの児童教育』

2011.03.12
2010.11.26
前川裕 『2000年前の落書き ~ポンペイの町の声~』
2010.08.27
2010.03.19
広川直幸『ラテン語とイタリア語』
2009.11.16
前川裕『バルセロナのラテン(語)文化』
2009.08.28
山下大吾『漱石から入るラテン語──「猫」に見られるラテン語や西洋古典のエピソード』(レジュメ pdf
2009.03.16
N.T.『ローマ帝国の衰亡から何を学ぶか』
2009.03.07
山下太郎『ラテン語を学びウェルギリウスを読む』
広川直幸『ギリシア語を学びホメロスを読む』
2008.11.10
前川裕『翻訳と原文 ~ラテン語を/で読む楽しみ』
2008.08.25
広川直幸 『ラテン語入門一歩前』
2008.03.03
N.T 「Barba non facit philosophum―-ローマ皇帝とヒゲ――」
2007.11.28
前川裕 『ラテン語の世界』
2007.08.24
山下太郎 『ラテン語は楽しい(8)』
2007.02.23
前川裕 『ラテン語を読んでみよう!』
2006.12.15
山下太郎 『ラテン語は楽しい(7)』
2006.08.25
前川裕 『ラテン語を楽しもう!』
2006.02.17
2005.11.11
2005.07.08
2005.01.28
2004.11.12
2003.08.29
山下太郎 『ラテン語は楽しい(1)』

タグ

2011年1月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

『私とギリシア語』

自分の通っている大学の担当教授の専門がギリシア哲学で、実は、ギリシア語には大きな憧れをもっていました。とりあえずラテン語文法を終え、講読の授業を受けていた頃、ギリシア語を始めたいなと思い、冬学期の半ばだったと思いますが、山下先生に「ギリシア語がやりたいです。」と、言いました。すると、「じゃあ、やりましょうか。」と、二つ返事でおっしゃって、お山の学校にギリシア語文法のクラスが新設され、春学期に新しく広川先生がいらっしゃいました。三回生をむかえた昨年の春のことです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2010年8月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

このページの先頭へ