イメージ画像

自分の人生のために学ぶこと――Non scholae sed vitae discimus.

以下は、山びこ通信の最新号(2012年度冬学期号)の巻末文です。

「自分の人生のために学ぶこと――Non scholae sed vitae discimus.」

『論語』の冒頭では、学びの楽しさが独特な仕方で語られる。まずは復習することの喜びが、続いて同じ志を持った仲間が集い、切磋琢磨することの楽しさが示される。そして、このような自分たちの努力を他人が知らなくてもまったく意に介しないこと、それは、まことに君子(立派な人間)にふさわしい態度ではないか、と締めくくる。

学ぶこと自体が文句なく楽しい。世間の評価は二の次、三の次という言葉は歯切れ良く、力強い。

その中に出てくる「(とも)遠方より来る有り」という言葉。じつに山の学校にふさわしい表現だ。片道三時間かけて通う人もいる。山の上の校舎まで、歩いて上るほかない山道が続く。近隣の人でも心理的な距離は格段に遠い。そこを子どもも大人も登ってくる。試験もない、資格が取れるわけでもない。では何のために?

セネカは言う、われわれは人生のためでなく学校のために学んでいる、と。世間の評価を求めて学ぶのは本当の学びの道ではない、大事なことは「世間でなく、自分の人生のために学ぶことだ」(Non scholae sed vitae discimus.)。そう彼は説いてやまない。まったく二千年前の言葉とは思えない。

翻って山の学校のモットーは「ディスケ・リベンス」。「楽しく学べ」である。一方、「(らく)して学べ」という立場もある。汗をかいて山道を登り切った者にしかわからない喜び。ドライブウェイで山頂についた者にはわかるまい。山頂でスタンプを押してもらい、急いで次のバスに乗り込む者たち。いつまでも景色を眺め楽しむことは御法度だ(パン食い競争で、パンは味わうな、食いちぎって走れ、と言われるのと同じである)。

学問にせよ芸術にせよ、およそ人間の技術が関与するところ、進んで苦労する喜びがある。失敗をものともせず苦労を乗り越えて得られる喜び。幼児もしかり。何度も失敗した末に自転車に乗れる喜びを進んで味わおうとする。登山者しかり、学びの山道を登る者しかり。通底する真理は一つである。

「楽しく学べ」(ディスケ・リベンス)は、「進んで学べ」と訳した方が本来のニュアンスがよく出るように思う。実際、自ら進んで学ぶところに人間本来の自由が広がる。塗り絵は自由ではない。白い紙に絵を描くところに自由がある。この自由を分かち合う者同士が集い、切磋琢磨して、学問の進歩と発展を生んできた。今までも、そしてこれからも。主体は、ここにある。

文化を築く主役は、時代の声には耳を貸すまい。「自分は自分、他人は他人」で押し通す。これが「進んで学ぶ」者の合い言葉だ。世間は早く花を咲かせよとせき立てる。だが、花を咲かせるのは、畢竟シロを愛した花咲かじいさんにしかできぬ相談だ。目的を設定し、ノウハウをまねるだけの欲張りじいさんが集まっても、灰をまき散らすことしかできないだろう。

一人一人が自らの尊い学びの魂を守り育てたい。それが学問の自由、学びの自由を守る大道につながると信じつつ。それが、人間の尊厳と自由の輝きを守る道に他ならない、そう信じるすべての人たちの気持ちを代弁するのが、ラテン語の「ディスケ・リベンス」である。もう十年。まだ十年。これまでお世話になったすべての人に感謝を捧げつつ、今までと何一つ変わらぬスタンスで新年度のスタートを切りたいと思う。(文責 山下太郎)

タグ

学びて時に之を習ふ、亦説ばしからずや――根気強く学び続けるために大切なもの

学びて時に之を習ふ、亦説ばしからずや――根気強く学び続けるために大切なもの

親として子どもの学習をどう支援すればよいか。私は、親こそ復習の大切さを伝える人であってほしいと思います。親は他人に先んじて何かの知識を子に与えるのではなく、本人が「できた」と思い込んでいる「何か」について、本当にわかっていると言えるのか?本当にできたと言えるのか?本人と一緒にていねいに確認してほしいのです。

漢字で言えば、先生にマルがもらえる答案がかけたからそれでよい、という価値観ではなく、同じマルでももっと丁寧に書けるはず、と言ってとめやハネに気をつけて書き直すように指導できるのは親を置いて他にだれもいません。(学校の先生は一人の子にそこまでつきあえない)。先へ、先へ、というのが時代の風潮なら、後ろへ、後ろへ、というのが親の合い言葉であるべきです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

『自分で考える喜び』──中学・高校生へ

山下太郎

自分で考える喜びというと聞こえはよいが、これほど忍耐を要することはない。数学で言えば、10分考えてすぐに答えをみて解法を理解するのも一つだが、それが「喜び」に直結しているかどうか。私の思う「考える喜び」は想定しているタイムスパンがもっと長い。

数学でいえば、解けない問題に出くわしたとき心がときめいてほしい。それこそ「寝ても覚めても」その問題のことを考え続けることが、本当に「考える」ことである。また、その結果正解を得たときの喜びも大きい。

正解にたどりついたかどうかは二の次で、あきらめずに考え抜くことは、将来自分で問題を発見し、それに挑戦する前段階として必要な精神の修行である。

今の時代、学校で指導する方も、される方も、せっかちに見える。今、山の学校で取り組んでいる「推理クイズ」でいえば、すぐにヒントを求めたがる態度はどうなのか? わからない経験とじっくりつきあう小学生クラスの子どもたちをみていると、頼もしく思えてくる。

国語でいえば、他人の解釈を一生懸命暗記しても何もならない。読書百遍という言葉は真実である。国語ほど「正解」のない科目はないが、教育界はどうしても「正解」を教えないと気が済まない。

100点満点の中で50 歩100 歩の争いをするよりも、「自己採点で」1 万点、100 万点!の答案を目指してほしい。英語なら英文でエッセイをかいてみてはどうか。日本で言う英作文とは、他人の書いた日本文の翻訳以上の意味はない。

人間なら、機械が採点できない世界でとことん遊んでほしい。国語では本を読み、内容を要約し、添削を受けるといった基本を繰り返し、同時に自分の考えを紙にかいて表現してほしい。

どの科目も、自分で考える喜びとリンクさせるとき、絵を描くのと同じ喜びが手にはいる。そこに勉強の本当のおもしろさはあると思う。大学にはいるまではたしかに「正解」との上手なつきあい方を学ぶのも大事ではあるが、それに終始し納得していてはいけない。

学校が誘導しなくても、山の学校の生徒なら、家で本を読み、日記に感想を書くくらいは朝飯前であってほしい。数学なら、難しい問題に出会って感激してほしい。一つの問題に何日かかっても、考え抜いたプロセスすべてが自分の血となり肉となる。

偏差値に反映しないことは何もしない人間にはならないこと。他人の評価は横へ置き、自分が興味を持ったことに、とことん打ち込むべし。

2009-02 山びこ通信

タグ

2011年6月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:山びこ通信

「終わり」は「始まり」――「根っこの教育」を大事にしたい

(2011年『山びこ通信』2月号巻頭文より)

文・山下太郎

この「山びこ通信」がお手元に届く頃、卒業式も間近である。「卒業」にあたる英単語は何かと思って和英辞典を引くとcommencementという言葉が見つかり、ちょっとびっくりする。commencement は、もともと「始まり」を意味する言葉だからである。一方、「卒業」の「卒」を漢和辞典で引くと「終える」という意味が見つかった。視点の相違が興味深い。

「卒業」といえばgraduationを思いつく人の方が多いだろう。語源はラテン語のgradus(グラドゥス)で、「階段、段階」を意味する(ⅰ)。つまり、階段を一歩ずつ登るイメージがgraduationという英語にはこもっている。「終わり」は「始まり」、これからも一歩一歩「学びの山道」を登っていこう!――「卒業」を意味する英単語の投げかけるメッセージはこう解釈できるかもしれない。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年2月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

ラテン語の夕べ

山の学校ではラテン語に関心のある方、これから関心をもつ予定の方を対象に、「ラテン語の夕べ」と題する講演会を開催しています(参加無料)。

ラテン語の夕べ
※会場は北白川幼稚園の園舎を使っています。童心に帰ってラテン語の世界に浸ってください。

「ラテン語の夕べ」の予定と記録

【最新情報】

←ポスター画像(クリックで拡大)

ラテン語の夕べ2012-11

 ●ラテン語の夕べ『ギリシャ・ローマの書籍事情と本屋』

  2012年11月30日(金) 18:30〜20:00

於 北白川幼稚園第3園舎

講師 前川裕(山の学校古典語講師)

テーマに興味のある方ならどなたでもご参加頂けます。

無料です。(お申し込み下さい)

 

 

 

【これまでの講演】

2012.8.24「古典語の夕べ」(漢文・ラテン語)

■漢文の夕べ 村田澪『古代中国の児童教育』

■ラテン語の夕べ 山下太郎『古代ローマの児童教育』

2011.03.12
2010.11.26
前川裕 『2000年前の落書き ~ポンペイの町の声~』
2010.08.27
2010.03.19
広川直幸『ラテン語とイタリア語』
2009.11.16
前川裕『バルセロナのラテン(語)文化』
2009.08.28
山下大吾『漱石から入るラテン語──「猫」に見られるラテン語や西洋古典のエピソード』(レジュメ pdf
2009.03.16
N.T.『ローマ帝国の衰亡から何を学ぶか』
2009.03.07
山下太郎『ラテン語を学びウェルギリウスを読む』
広川直幸『ギリシア語を学びホメロスを読む』
2008.11.10
前川裕『翻訳と原文 ~ラテン語を/で読む楽しみ』
2008.08.25
広川直幸 『ラテン語入門一歩前』
2008.03.03
N.T 「Barba non facit philosophum―-ローマ皇帝とヒゲ――」
2007.11.28
前川裕 『ラテン語の世界』
2007.08.24
山下太郎 『ラテン語は楽しい(8)』
2007.02.23
前川裕 『ラテン語を読んでみよう!』
2006.12.15
山下太郎 『ラテン語は楽しい(7)』
2006.08.25
前川裕 『ラテン語を楽しもう!』
2006.02.17
2005.11.11
2005.07.08
2005.01.28
2004.11.12
2003.08.29
山下太郎 『ラテン語は楽しい(1)』

タグ

2011年1月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

『ラテン語初級クラスを終えて』

12月から4ヶ月間、山の学校のラテン語クラス(初級)で山下先生にご指導いただいた者です。

一学期でなんとか『ラテン語初歩』(田中利光著)を終えることができました。後に続く皆さんのために体験や感想を書くよう求められましたので、僭越ながら、今回の体験を少し述べたいと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2010年8月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

『憧れの連鎖』

「おめでとうございます。」と山下太郎先生がおっしゃった。『ラテン語初歩』(田中利光/著・岩波書店)の巻末最後の文例を読み通したのだ。テキスト一冊上がり、ということだ。「ありがとうございます。」──この紙上では嬉しい気持ち、先生、夫、家族、友達、皆さんのおかげです! 的な感想がふさわしい、が、しかし、正直、達成感どころではないのだ。

この投稿の続きを読む »

タグ

2010年8月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

このページの先頭へ