イメージ画像

学ぶことを楽しむために

山下太郎

ノーベル賞を受賞した益川先生によると、今の日本は「教育熱心」ではなく、国を挙げて「教育結果熱心」である点が問題だと言います。「結果」に一喜一憂していては勉強が面白くなくなる、というのがその主張の骨子です。「結果熱心」ということで言えば、「収穫を問うなかれ」という曾国藩(1811-72)の言葉を連想します。この言葉は「ただ耕耘を問え」と続きます。収穫、すなわち結果はどうでもよいというのではありません。結果を気にする前に「耕耘」、すなわち日々の努力を大切にせよという趣旨です。

日本の昔話にも大切なヒントが隠されています。「こぶとりじいさん」、「雀のお宿」、「花咲じいさん」といった昔話を思い浮かべてみれば、これらの物語において、「結果熱心」、すなわち「世の中、結果がすべてだ」と考える立場は、果たして善良なおじいさんの立場か、それとも意地悪じいさんの立場か、どちらでしょうか。善良なおじいさんは、結果的に宝物を手に入れますが、最初からその「結果」を目的として行動したのではありません。

では、意地悪じいさんにはなくて、善良なおじいさんにあったものは、何であったのでしょうか。私は、こぶとりじいさんにとって、それは踊りを愛する心であり、花咲じいさんにとって、それは飼い犬シロを愛する心であったと考えます。この「愛する心」が根っこにあればこそ、道は自ずと幸せな結末に通じていくのです。

学びの山道においても、この「愛する心」があれば、道は自ずと上方に通じています。学びを愛する心とは、学びを楽しむ心です。「楽しむ」と言うと安易に聞こえますが、事実は逆で、それはTVやゲーム等の「もてなし」による楽しみとは本質的に意味が異なります。私たちは実際に山道を歩くことで汗をかき、すがすがしい気持ちになるでしょう。じっとしているより山道を歩く方がずっと「しんどい」はずですが、なぜかこの「しんどさ」は「充足感」や「喜び」に通じています。実際、「汗をかくことを楽しい」と感じる経験が「学びを愛する」王道なのです。

人間は生涯学び続けることができる、という考えに立つとき、その「学び」の先に何があるのか、誰しも気になるところです。しかし、昔話に出てくる善良なおじいさんたちは、そのことを問いませんでした。「何の役に立つのか」という「結果熱心」の問いには、「きっと何かの役に立つ」とのみ答えておきましょう。

さて、「山の学校」ではこの秋学期も、「学ぶことを楽しむ!」をモットーに、それぞれのクラスで様々な工夫を凝らしてまいりました。山登りに喩えるなら、時にひざまずいて路傍の花に目を向け、鳥のさえずりに耳を傾けるクラスもあれば、時に、峻厳な学びの山への畏怖を覚え、「いつかあそこまで」とさらなる高みへの挑戦を誓い合うクラスもあります。その実践の具体的記録の一端を次頁からじっくりご覧頂ければ幸いです。
(2008.11)

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

教えることは学ぶことである

Dum docent discunt.(人は教える間、学んでいる)というラテン語があります。英語では、To teach is to learn.(教えることは学ぶこと)と言われます。子どもたちに、あるいは学生に教える仕事を少しでもすれば、誰もがこの言葉に共感できると思います。

自分は教えるのではなく学ぶ立場だと思っている人は、友人関係の中でこの言葉の意味を考えてみてもよいでしょう。

友だちに何かを教えて喜ばれると嬉しいものです。少しでも丁寧に説明しようとして、無意識のうちに真剣に言葉を選びます。その結果、相手にとってはもちろん、自分にとっても新しい言葉の発見が得られたり、逆に知識の不足に気づいたり・・・。いずれにしても、自分にとっての「学び」につながります。

一方、子を持つ親にとっても、表題の言葉は意味を持ちます。子どもの教育を通じて親も成長すると言われますし、事実そうだと思います。子育てを通し、親は人間としての己を見つめ、自分が大切に思う価値を再評価する機会を得ます。

「教える」という言葉を使うとどうしても学校の教育を連想しますが、今述べたように、自分が大事だと思うことを他人に「伝える」という意味でとらえるなら、日常の至るところで「教え、学ぶ」関係は見られます。

これは、いわばアウトプットとインプットの関係です。息をしっかり吐ききるとしっかり吸い込むことができるように、蓄えた知識や知見を外に出しアウトプットすればするほど、逆に学ぶ力、すなわちインプットの力も大きくなります。

学んだことを他者に伝える方法にはいろいろありますが、私は「話すこと」だけでなく、「書くこと」に注目したいと思います。「話すこと」の意義は言うまでもないのですが、自分を高めてくれるよい話し相手がいつも見つかるとは限りません。それに対し、「書くこと」は、自分自身がいつでも「読み手」になれるという利点を持ちます。

例えば、授業であれ、読書であれ、他者から学んだ内容を自分の言葉で要約し、意見や感想をそこに書き加えます。この言葉の記録は、日を置いて読み返すことができます。つまり、文字を仲立ちとして「書き手」の自分は「読み手」の自分を「教えること」が可能となります。言うなれば、「教え、学ぶ」関係が自分の中で実現するわけです。

文章を何度も練り直すことを「推敲」と言いますが、人は真面目な表現者であるかぎり、よりよい表現を求め、四苦八苦するものです。言い換えれば、「書き手」の自分は「読み手」の自分の美意識を満足させようと懸命になることができます。同様に、人は真摯な「学び手」であるかぎり、「教え手」としての自分に無数の問いを発します。知的好奇心が健全に輝く人ほど、曖昧な答えに納得したり、簡単にわかったふりをすることはありません。

では、このような独学のスタイルが理想的な学びを保証するのでしょうか。私はそうは思いません。今述べたのは、学びの下地としては立派ですが、独善に陥る危険と紙一重です。『論語』の冒頭には「朋遠方より来る、また楽しからずや」とあります。私は、向学心のある「学び手」同士が集い、互いに「教え、学び」あえるなら、それに勝る環境はないと考えます。実際そのような場では、先生も生徒も、出会った者同士が互いに切磋琢磨し、高みを目指して努力することができるでしょう。
山の学校はいつもそういう場所でありたい、と願っています。
(2009.11)

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

このページの先頭へ