イメージ画像

考えること、学ぶこと

山下太郎

 『論語』に「学びて思わざれば即ち罔し。思いて学ばざれば即ち殆し」という言葉があります。知識を丁寧に学ぶことも、それを用いて自分の思索の世界を深めることも、ともに大切です。知識の習得は、スポーツの練習同様「繰り返し」取り組むことで「できる」ことが増え、自信がわいてきます。暗記や暗唱、徹底した問題演習はしんどいことのようですが、コツがわかると「楽しい」ことに変わります。

一方、「考える」力はどうすれば身につくのでしょうか。この問いに簡単に答えることは出来ませんが、知識が増えると考える力も増していく、とは限らない点が興味深く思われます。現京大総長によれば、「今の学生は伸びきったゴム」なのだそうです(「文藝春秋」2010年2月号)。個々に反論の余地はあると思いますが、教授陣の目から見て、今の学生は総体に考える力が脆弱であるとみなされていることは憂慮すべきことです。

ゴムが「考える力」や「好奇心」を意味するとして、その弾力を強化するには必ずしも暗記や問題演習が有効とは限りません。むしろ阻害する可能性も考慮すべきです。知識や解法を暗記すると一時的に点数が伸びます。点数が伸びることは素晴らしいことですが、それだけを目的にすると、得点に結びつかない取り組みの一切を「無駄なもの」として遠ざける傾向が出てきます。その結果好奇心が弱まり、考える力もねばりを失います。

好奇心を守るにはあえて「無駄なもの」に目を向ける必要があります。とりわけ「遊び」と「読書」に注目したいと思います。数値にして比較できませんが、子どもたちの「遊び」や「読書」の体験は、年々減少傾向にあるのではないでしょうか。

一見「学び」に直結しない「遊び」の体験は感受性や知的好奇心を刺激します。「山の学校」の小学生の取り組みは、科目を問わず「遊び」の要素がふんだんに盛り込まれていますが、その狙いの一つは、仲間意識を育て、考える力の基礎を育てることにあります。

一方、「読書」についても、感受性と思考力を磨く上でこの上なく有効です。ただし、気晴らしに読むのでなく、問題意識を高めるには、読み書きの正確な訓練が不可欠です(今の日本の教育ではこの訓練が致命的に欠如しています)。「山の学校」の中学・高校生の「ことば」のクラスを例にとると、一冊の本を最初から最後まで読み切ります(古典と呼ばれる作品やプラトンやアリストテレスの哲学書も含みます)。内容を正確に理解するため、本の内容についてクラスで意見を交わし、各自で論点を見つけた後は、自分の考えを文章にまとめます。講師がそれを丁寧に添削するのは言うまでもありません。

時代がどのように変化しても「本当に大切なもの」は変わりません。人が生涯にわたり自ら学び、自ら考えるために、私たちはこれからも「考えること、学ぶこと」の基本を見つめ続けたいと思います。

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

「三つ子の魂百まで」をめぐって――深く考え、豊かに感じるために――

山下太郎

『星の王子様』(サン=テグジュペリ)を持ち出すまでもなく、常識や先入観にとらわれると、幼いころには当たり前に持っていた好奇心を失う恐れがあります。空はなぜ青いのか?雲はなぜ落ちてこないのか?風はどうして吹くのか?誰もが一度は考えたことのある疑問だと思います。でも、これに対し、常識が耳打ちします。「そんなことを考えてどうするのか?」と。アインシュタインは「聖なる好奇心を失うな」(never lose a holy curiosity)と喝破しましたが、好奇心は常識の前ではあまりに非力です。

ここで、学校教育に目を移すと、試験で出題される内容はすべて正解のある「常識」ばかりです。試験の結果を見れば、どれだけ「常識」を知っているかの参考になるかもしれませんが、一人一人がどれだけ「好奇心」を輝かせているのかは誰にもわかりません。しかし、実際に大学や社会で試され求められるのは、そんな「常識」のバロメータでしょうか、それとも「好奇心」(とそれに付随する向上心)の輝きでしょうか。私は後者だと考えます。もちろん、人によって答えは様々でしょう。しかし、「好奇心」を否定する意見は少数派だと思います。また、そうあってほしいものです。であれば、なぜ大人は(最近は子どもも?)繰り返し口にするのでしょう、「そんなことを考えてどうするの?」と。

司馬遼太郎氏は、中学校時代、英語が嫌いでした。授業中に「ニューヨークとはどういう意味ですか?」と先生に尋ねたら、「そんなばかな質問をするな」と叱られたからだとか。むろん司馬氏は、「New York =ニューヨーク」といった単なる言葉の言い換えではなく、ニューヨークを「新しいヨーク」と訳して初めて気づく言葉の歴史に興味を持ち、上の質問をしたわけです。図書館に足を運び、この地名の由来を調べていくうちに司馬氏は確信します。「知識は教師に与えられるものではなく、自分で調べて獲得するものだ」と。

言うまでもなく、この確信を支える根っこには、司馬氏の強い「好奇心」があったわけです。あふれる好奇心は強力な磁石のように知識を束ね、創造に結びつけるでしょう。逆に、「好奇心」を欠いたままその場しのぎの「知識」をいくら詰め込んでも、それだけでは創造は生まれません。

ではこの大切な好奇心をどうやって育てればよいのでしょうか。私は好奇心は育てるものではなく、守るものだと思います。子ども時代に好奇心に輝いていない子は一人もいません。その好奇心が輝きを失わないために、周囲の大人がこれを尊重するのか、常識をふりかざすのか。子どもが何かを問うたとき、すぐに答えを教えることがよいとは限りません。そんなときには、「よし、いっしょに考えてみよう」とじっくりそばに寄り添うことが大切です。そうすれば、子どもたちは時間をかけてものを考えるようになるでしょう。

最後に、表題の「三つ子の魂百まで」について一言。この表現は、辞書的には「三つ子の魂<は>百まで」と読むべきですが、私は本文の趣旨に即し、「三つ子の魂<を>百まで」と読み替えたいと思います。そして「三つ子の魂」とは人間の尊い「好奇心」そのものである、と。願わくは、世の子どもたちが、いつまでもあふれる好奇心を輝かせ、言葉や数字の精妙な配列にも自然の息遣いにも心を動かし、深く考えることと豊かに感じることの喜びを生涯の友としますように。
(2009.3)

タグ

2010年7月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

このページの先頭へ