イメージ画像

山の学校の学びをめぐって──古典をめぐる随想──

山下太郎

日ごろ園児たち(年長児)に俳句を教えていて実感することは、子どもは古典が好きだということである。二週間に一句のペースで芭蕉や蕪村、一茶の俳句を紹介し、全員で復唱する。正座し、黙想するところから俳句の時間は始まる。初代園長(祖父)から続く本園の伝統的スタイルである(今年で61年目)。私も園児と一緒に黙想し、俳句の言葉を声に出しているとじつに清々しい気持ちになる。

新しい俳句を紹介するときは、それ以前の俳句を復習してから行うので、園児たちは年間を通じてかなりの数の俳句を覚えることになる。やがて見よう見まねで自作の俳句を作る者も現れるが、その作品を皆の前で紹介すると、「ぼくも」、「わたしも」と新たな「俳句」が集まってくる。「守・破・離」という言葉があるが、繰り返し「型」に親しめば、おのずと「型」を破る力もわいてくる。

古典は「試験」や「評価」とからめない限り、申し分のない教材だと思う。内容がわからなくてもよい。子どもたちは何度も音読するうちにすぐに暗唱できるようになる。「子守唄」がそうであるように、断片でも古典を覚えていることは、大人になって初めてその懐かしさ、ありがたみに気づくのである。

暗唱について付言すると、テストのために暗唱しなければならないというのと、気がつけば覚えていたというのとでは、古典に対する印象に雲泥の相違がある。実際のところ、暗唱に耐えるものだけが古典として継承されている。私たちが古典と聞いて「堅苦しい」という印象を持つのは教え方(学び方)に問題があった証拠である。古典は教えないといけないものではなく、教えずにいられないものである。子どもの頃、古典を学んでありがたかったという感謝の思い出が、私たちをこの伝統の継承へと駆り立てる。古典教育とは、世代を超えた感動・感謝のタスキリレーといってよい。

このリレーに関していえば、イニシアチブは大人の側にある。大人が古典への尊敬を失えば一巻の終わりである。逆に大人がその気持ちを失わない限り、子どもが古典を学ぶチャンスは守られる。残念ながら、今はそのチャンスが年々失われつつある。感動、感謝、尊敬。これらはルールの縛りによって保持される性質のものではなく、頼みの綱は一人一人の大人の自覚である。いつの頃からか子守歌は聞かれなくなり、TVやビデオが本の読み聞かせに代わってしまった。「そういう時代だから(仕方がない)」と考えるのか、「そういう時代だからこそ(守りたい)」と思うのか。

ちなみに「そういう時代」に人は自分の足で歩かなくなる。合理的な意味付けがなければ人は納得して歩こうとしない。どこまでも利便を求める大人の社会は、無意識のうちに子どもたちから「歩行」の機会を奪っていく。やがて幼児の頃から機械仕掛けの移動装置を利用する(させられる)時代がくるだろう。その機械は転倒や衝突、あらゆる危険を回避できるよう精妙にプログラムされ、TVやビデオ並みに普及する。それを文明の進歩と呼び、歓迎してよいのだろうか。そこに山がある限り、自分の足で登ろうと決意し、一歩一歩山頂を目指す人間はこれから減る一方なのだろうか。

登山同様、古典の学びは、我々の精神を試し、鍛える。子どもは自分ひとりの意志で山登りを始めることはない。はじめのきっかけは必ず大人が与える。幼い頃に山登りに親しんだ者は、親になるとわが子を山に誘い、その子も山登りに親しんでいく。こうして山道は守られ、未来に継承されていく。山中に人の歩ける道が存在するという事実は驚嘆すべきことである。同様に、二千数百年の時を超えて目の前の古典作品を読むことのできる状況もほとんど奇跡と呼ぶに値する。無数の人間が山道を歩き続けることによって道が守られるように、古典も無数の人々に読まれることによって未来に引き継がれていく。さらに、大人が自らの「学びの子守唄」──めいめいの学びの恩──を思い出し、精一杯自分の声でそれを奏でるという本来の教育の営みについても同じことがいえる。

山の学校の取り組みに独自性があるとすれば、このような人間本来の学びを大事にする点にある。すなわち、テキストとしての古典に正面から取り組むだけでなく、年齢を問わず、学びのジャンルを問わず、人間らしい学びのありようをいつも手探りで確かめながら、教える側も学ぶ側も一緒になって山道を登っていく。

同じ山道でも山頂を目指してタイムを競わされるのでは、それを「山登り」とは呼ばない。受験のため、強いられて学ぶことを本来の学びと呼ばないのと同様に。数値による「評価」の一切は、人生の大事なものの値打ちを正しく示すことはできない。あの山は標高何メートルだから登る価値があり、何メートル以下だと登る値打ちがない、というものだろうか。何時間以内に登頂したら褒められ、遠回りをし、時間をかけて山頂に着くことは無意味なことだと叱られるのか。山の頂に到達するという「結果」だけに価値があるのなら、歩いて山道を登るのは時代遅れである。世間の「常識」が耳打ちする、これからの時代は、ロープウェイ、ドライブウェイを利用すべきである、なぜなら、その方が効率的だからである、云々と。

だが、人間はいつの時代にも自分の足で山に登ることに喜びを見出すものである。実際人間以外で山登りを楽しむ生き物はあるのだろうか。急がず、あわてず、自分で決めた道を自分の足で歩く。それが本来の学びの山道を登るやり方である。そのようにしてこの山道は守られてきたし、未来に伝えられていく。こうして人間の文化が継承されていく。

「点数で競わせない」教育はけっして楽な選択ではない。競争と称しつつ、やっていることは同じ答えを生徒に鵜呑みにさせるやり方のほうがマニュアル通りにやれる。だが、そうやってせっせと詰め込んだ内容にどれだけの普遍性があるのだろう。皮肉ないい方をすれば、現代日本の「古典」とは「入試問題のデータベースとその正解」であるかのようだ。これもまた「ガラパゴス化」の一例といえないか。

人はけっして――「そんなことではよい学校に入れない」などと――恐怖に駆られて学ぶようにはできていない。古典にふれるとき、本来の学びにふれるとき、人は感動・感謝・尊敬の気持ちで学ぶことができる。それはけっして楽な道ではないが、学ぶ道への信頼と学ぶことの充足感が生涯心の支えとなるだろう。

末尾に当たり、私たちの活動の一部について、今回も「クラスだより」として、読者諸氏にご一読いただけることを何よりありがたく思う。なお、山の学校のブログには、克明なクラスだよりが日々蓄積されているので、興味を持たれた方はぜひご覧頂きたい。
(2010.6)

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:巻頭文

新たなる挑戦――山の学校6周年目を迎えるにあたって――

山下太郎

今の教育はどこかおかしいのではなく、もはや狂っていると言った方がよいのではないか(私たちが目を覚ますという意味で)。学ぶ者(本来教える者も学ぶ者のはずだが)は、真の学びの喜びを味わうことなく、試験のため、受験のためにせわしなく学びを強制されているだけではないだろうか。私は勿論自分の言葉が言い過ぎであることを心から願う者である。むしろ「試験のために勉強する」というフレーズをここで取り上げ、この言葉のもつ意味を一度徹底して反省する時期がきていることを強く主張したいと思うばかりだ。

教師は一度胸に問うてほしい、「この子たちは試験がなくても私の話を聞いてくれるだろうか」と。学ぶ者は知識だけでなく、先生の「生の言葉」を聞きたいと願っているのではないだろうか。一方、試験をなくしたら、どうやって評価するのだ?という声が聞こえてきそうだが、この疑問をもつ者にこそ、前ページの私のエッセイを熟読してほしい。学ぶ者は一体何を真の動機として勉強に励むのか、この一文からくみ取ってほしい。このエッセイは「私の」物語ではない。一昔前の大学ではごく日常的なエピソードにすぎないと私は信じるからである。そしてジャンルを問わず、学校を問わず、大学で真摯に学ぶ者の心には、今もこの熱い「学びの魂」が宿っているはずだ。

つまりこの「学びの魂」に火をつけるのは人間であって試験ではないと私は主張しているわけである。かりに大学での学びが本来そのようなものであるならば ──実はギリシアにさかのぼる教育の伝統に照らせばそうなのであるが──、そして一方では学校教育が目標として大学進学を視野に入れるのであるならば、この「学びの魂」の準備こそ最重要課題のはずであるが、実態はどうであろうか。

私は決して「学びの魂」か「試験」かといった単純な二者択一の議論をしたいわけではない。人間は裸でも人間だが服を着て生活をしないといけない。しかし服や身なりがその人の本質を表すものではない。私はうわべではなく、人間の魂の輝きを映す目そのものを見つめよと主張しているのである。教育において最も大切なものは、数値に変換可能な統計データでは断じてない。

しかし現実はどうだろう。私たちの「常識」に照らしたとき、「試験のない学校は考えられない」と多くの人が口にするのではないだろうか。私の考えは逆である。「学びの魂」を欠いた学校は考えられないばかりか、さらにつけ加えて言えば、「個を見つめるまなざし」を欠いた学校は考えられないのである。

以上述べてきたことは、「幼児教育」という生命の輝きそのものの幼児たちと日々接する経験がお前にそう言わせるのだ、と人は言うかもしれない。だが、それは「半分本当で、半分ちがう」と私は言いたい。なぜなら、小学校以上の教育においても「個を見つめるまなざし」が「学びの魂」を育てる本質であることを私は確信するからである。

というのも、ここに「山の学校」の5 年の実績というものがあるからだ。それは、冒頭来提示してきた「試験のない学校において学びの魂を育てることは可能か?」という問いへの何より明白な答えである。どうか、今回の(願わくばバックナンバーも含めた全ての)「山びこ通信」をすみずみまでご一読いただきたい。どの講師のどのクラスも、私の目には「学びの魂」の輝きが満ちあふれて見えるのである。

今、「山の学校」は子どもたちだけでなく、大学生や社会人も集う「学びの場」となっている。本物の学びの前に、立場や年齢等の違いは一切ない。一日の仕事を終えた社会人が、ラテン語の辞書と格闘しながらキケローに挑戦する姿は、「ことば」のクラスで大きい広辞苑を一生懸命引きながらテキストを読む小学生、さらには幼稚園で虫採りに夢中になる幼児と全く同じように光り輝いて私の目には映る。

この万人が平等に授かった「聖なる好奇心の輝き」を教育は何より大切な宝として尊重し、育てていかねばならない! 「山の学校」はそう強く信じ、5 年前に船出した。当初は、この信じる気持ちだけが先走っていたといえるかもしれない。しかし、何かにつき動かされるようにひたすら私たちは船をこいできた。たかが5 年、されど5 年。この5 年間の歩みは決して小さなものではなかったはずだ。この5 年間をふり返った私の率直な思いをつづると、それは「感謝」の二文字に集約される。一つは、何より私たちの活動を信頼し、応援してきて下さった数多くの会員ならびにご家族の皆様への言い尽くせぬ感謝の念。もう一つは、「山の学校」の理念に共鳴し、我こそは! と飛び込んで来てくれた、そして一緒に汗を流し船をこいできた若き先生たちへの感謝の気持ち。

さて、今私がこうして過去をふり返るには、それなりの理由がある。私はこれまで20 年以上にわたり、様々な場所で様々な形で「教師」の仕事を続けてきたわけだが、現場で「教える」仕事は今学期限りとし、四月からはオブザーバーの立場として「山の学校」の活動を後方支援していきたい(ちょうど幼稚園における園長の立場のように)。

この決意の背景には、若い先生たちの活躍がある。それぞれのクラスで見事に「山の学校」の理念を生かした「学びの場」を実現していることを思い、私は安んじて彼らの夢と情熱に希望を託すことができる。私のポジションを若い世代に委ねることにより、今後益々多くの情熱溢れる先生たちが、「山の学校」でそれぞれの個性を生かした「学びの場」を創造してくれることだろう。私はこの流れを大事にしたい。

事実、私が手がけてきた古典教育(ラテン語)については、この四月より京大西洋古典教室より若き俊英がラテン語のみならずギリシア語も教えてくれることになった。同じくこの四月からは古文及び漢文のクラスも開設される運びである。私はこの新クラスの方向づけを熱く語る先生の言葉から、かつて大学時代に経験した「読書会」(学生が自主的にテキストを選び、切磋琢磨しながら読み合わせを重ねる)を連想した次第である。まさに「山の学校」ならではのクラスが今産声を上げようとしている。また一方では、この四月から「山の学校」の卒業生が、はじめて先生となって子どもたちを指導するといううれしい展開もある。

こうして「山の学校」はこれまでの5 年間の挑戦を土台とし、四月からよりパワーアップした形で「新たなる挑戦」を続けていくことになる。私は、今後今まで以上に自らの心の目を開き、こどもたち一人一人の魂の輝きを見つめ続け、真摯に学ぶ者たちの「学びの魂」を励ますとともに、夢を共にする若き先生たちを力一杯応援していきたい。皆様、今までありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします!
(2008.3)

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ごあいさつ

「勉強が出来る」ということ――行いて余力あらば即ちもって文を学ぶ――

山下太郎

日本では「勉強が出来る子」と言えば、試験で成績の良い生徒のことを意味するが、同じ言葉を世界の中で用いれば、それは「学校に通って勉強できる恵まれた環境にいる子ども」を意味する。世界広しといえども、日本ほど長時間「勉強出来る」特権を子どもが享受する国はほかにない。

だが、「勉強出来る」環境は当たり前のものではない。親は子に対しまじめに勉強に向き合う大切さを伝えるべきだが、それ以上に、勉強以外に価値あることがたくさんあることも教えなければならない。

勉強は親が頼んで子どもにしてもらうものではけっしてない。「勉強より大事なこと」は何か。もとよりこの問いの答えは一つではない。親は自分の言葉で子どもに自分の考えを伝えてほしい。人が生きる上で大切なことは何か。親が自分の経験や夢、思いの丈を具体的に語らなければ、子どもはどこでそれを学ぶのだろうか。

勉強は勝ち負けを争う個人的問題ではなく、社会がそれを必要としている大切な営みであるということ、それゆえ、親も社会の一員としてそれを応援するというメッセージを伝えてほしい。同じ意味で、親は家事の手伝いなど、子どもにできる家族としての責任の遂行をたくさん経験させ、人間として生きる自信をつけさせなければいけない。

このような家庭教育をなおざりにし、ただひたすら大学合格をゴールと見立てた勉強に子どもたちを駆り立てることは不毛である。事実、100点以上取れない仕組みの試験の中でいくらよい成績を取ったとしても、そのこと自体にどれほどの意味があるのだろう。試験で問われる内容は、あらかじめどこかで出題された問題であり、少なくとも答えの出ている問題ばかりなのだから。

一方、大学に入って行われるのは、未知の領域(100点の枠を超越した世界)における知的冒険であり、その成果は何より社会が必要としている。人間としての基本ができず、100点主義の狭い価値観の中で生きてきた者は、大学における「学問」の使命を知ることもなく、「早く答えを教えてほしい」とすがるほかない。

「基礎学力」と「自ら学ぶ姿勢」――今の大学生に一番欠けている二点であると思う。大学の先生に尋ねてもこの見解に異論はないはずだ(もっと多くのため息と愚痴が出てくるかもしれない)。しかし考えてみると皮肉な現象ではある。これほど受験産業が発達し、子どもたちは小学校の低学年から進学塾に通い、中学入試では世界一難解な問題を解きこなしているというのに。いったい何が欠けているのか?

私はまず上で述べたように、人間としての心構えが大切ではないかと問題提起したわけである。この問題を棚上げし、あるいは人任せにし、目先の正式に一喜一憂するだけでは「なぜ学ぶ(学べる)のか?」という意識が希薄なまま、合格という「ゴール」(本当はスタート)にたどり着いても、すぐにしゃがみこんでしまう恐れがあるだろう。

次に、技術面について言えば、何より基本を大切にすることである。私は今の子どもたちが学校の勉強を軽視しすぎているように思う。勉強のコツはシンプルなものであり、特別なテクニックや秘伝があるわけではない。大切なのは授業に臨む張りつめた気持ちであり、それには予習と復習が欠かせない。予習によって授業中の集中力を高め、復習によって知識の定着をはかること。宿題が出れば真っ先に片付ける。

学校の勉強は(進学塾等の勉強に比べると)至極簡単に思えるかもしれない。だが、日々の予習・復習のリズムを守り、宿題をきちんとこなし、教科書を隅々まで理解できたと自信を持てるようにすることは簡単なことではない。だがこのような学校での予習・復習のリズムが確立すると、自分の力でプラスアルファの勉強を演出できるようになる。ちょうど、幼児がシンプルな環境の中でこそ様々な遊びを工夫し、創造できるように。知識ではない、この「創造力」こそ大学で一番必要とされる知的基礎体力にほかならない。

私は中・高6年間を通じて平凡な京都の市立中学と府立高校に通ったが、学校での学習は、創意工夫を凝らして取り組むには十分意義深いものであった。その一つ一つの取り組みは、ここに特筆するまでもなくシンプルなものばかりである。

英語は授業中に教科書を完全に丸暗記する(何も見ずに教科書通りの内容を書けるようにする)、数学は解けない問題に印を付け、解法を見ずに解けるまで出来たことにしない、社会は板書をそのままノートに写すのではなく、問題形式に変換して(わざと文章中に空所を設ける等)書き写す、等。試験前だから勉強するというのでなく、気持ち次第で毎日の授業時間が試験勉強に早変わりする。

学校の勉強に真剣勝負を挑めば俄然面白くなるし、さらには教科書の範囲を超えた勉強への渇望も生じてくる。この時初めて、知的好奇心に応える参考書や問題集のたぐいが、自宅学習を支える力強い味方であることに気づくのである。親はよかれと思って最初からあれこれ本を買い与えてはいけない。

中学生であれ高校生であれ、一日の中で学校にいる時間が一番長い。学校の勉強は普通につきあえば平凡かもしれないが、学ぶ側がアプローチを変えれば、学習の喜びを十分に堪能できるはずだ。親は評論家のように「今の学校」や「今の先生」を批評するのは(子どもの前では)避けた方がよい。何事であれ他者に責任を問うのは簡単だが、安易である。「自分を変えればすべてが一瞬にして変わる」のであるから。

この事実を子どもに伝え、基本的な学習習慣を身につけさせるのは、本来家庭教育の仕事である。それを第三者に委託すると、子どもたちは学ぶことの本質から目を背けることに慣れ、「勉強は塾でやるものだ」などと平気で口にするようになる。この意識が怖い。

「本立ちて道生ず」という言葉がある。基本を大切にすることによって、末広がりに道は広がっていくという意味である。この言葉を残した孔子は「知ることは何か」と問われ、「知っていることと知らないことを区別することだ。」と即答した。ソクラテスの「無知の知」も同じ趣旨の言葉としてよく知られている。すなわち、「無知の知」は「無知の無知」に勝るのである。ソクラテスによれば、人間は(自分も含めて)皆「無知」であるが、それを自覚することが何より大切な「知」であると彼は言うのである。

ここで立ち止まって考えてみよう。学校の勉強は本当に簡単で物足りないものなのだろうか? 自分は真剣に学校の勉強に取り組み、教科書の隅々まで理解できていると胸を張れるのだろうか? 願わくは、生徒一人一人がいつもこの問いを自ら発し、目の前の勉強というチャンスを通して責任ある人間になれるよう日々努めてもらえたらと思う。
(2006.7)

タグ

2010年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ごあいさつ

このページの先頭へ