イメージ画像

「ロシア語入門」のご紹介

4月からスタートする「ロシア語入門」のご紹介をいたします。

クラス名「ロシア語入門」 担当 山下大吾

ナウカ出版の井桁貞義著『名作に学ぶロシア語』を教材に用いてロシア語の初歩を学習します。プーシキンやチェーホフを始めとする19世紀の古典作家のみならず、ブルガーコフなどソビエト時代に執筆活動を行った作家の原典を味わいながら、少しずつ無理なく文法が習得できます。奥深く幅広いロシア語ロシア文学の世界。静かなお山の離れの間で、その豊かなひと時をご一緒できれば幸いです。(山下大吾)

タグ

2012年4月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス

大人クラス会員募集のお知らせ

山の学校では2011年9月から次の時間割の中で大人向けのクラスを新設する予定です。

時間の枠は現在の夜のクラスと同じく80分を1コマと数え、午前に2コマ、午後に2コマを予定しています。
1 9:10~10:30、2 10:40~12:00 3 12:40~14:00 4 14:10~15:30

クラスの候補と講師名は次の通りです(敬称略)。

1 イタリア語(柱本元彦)

2 ロシア語(山下大吾)
3 英語(浅野直樹)
4 ラテン語(広川直幸、山下大吾)
5 漢文(木村亮太)
6 フランス語(武田宙也)
7 経済学入門(百木漠)
8 歴史入門(岸本廣太)
※太字は開講が決定している科目です。

ご都合のつかれる曜日をお知らせいただけたら、講師と連絡をとり、出来る限りご希望に沿った形でのプラニングを進めたいと思います。

お問い合わせはお待ちしています。

離れの写真

教室は「離れ」を使います。

タグ

2011年5月26日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:クラス

new! 「ロシア語講読」クラス会員募集中

4月からの新規開設クラスをご紹介します。

「ロシア語講読」

講師はラテン語クラスでおなじみの山下大吾先生です。

「プーシキンなど19 世紀ロシアの古典作家の作品を中心に、受講生と相談の上テクストを選択します。初めてロシア語を学ばれる、あるいは再挑戦される方々を対象にした入門コースも開設予定です。」(講師談)

お問い合わせはフォームメールにてご遠慮なくどうぞ。

タグ

2011年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス

『ラテン語受講感想』

山下大吾先生のラテン語入門講座を受講しました。受講して、西洋に関係することを学ぶ者であれば、ラテン語はかじるだけでも絶対にかじったほうがよい、と強く思いました。普段はドイツ語を読む機会が多いのですが、ラテン語もしばしば引用の形などででてくることがあり、今まではほぼ敬遠状態でとばしながら読んでおりました。しかし、一通り文法を学ぶと、格変化を確認しつつ辞書は引いてみようといった段階にまでは、確実にステップアップしました。レベルの低い話で申し訳ないのですが、それまで勝手に敷居が高いものと思って遠ざけていたものに親近感がわくようになるというのは、それだけで大きな変化ではあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2010年8月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

このページの先頭へ