イメージ画像

会員の声〜『イタリア語講読』クラス

昨年の12月よりイタリア語講読クラスに参加させて頂き、もうすぐ1年になります。毎週月曜日の夜、離れの教室に集まるのは三人なのですが、このクラスは実際のところ先生二人に生徒が一人といった趣です。なぜなら、私以外のもう一人の生徒が、ラテン語やギリシャ語を教えていらっしゃる広川先生なのです。私が参加するまでは、柱本先生と広川先生のお二人で進めておられた由。これはいわば、プロのヴァイオリニストとチェリストが手合わせをしていたところに、楽譜もきちんと読めないアマチュア奏者がノコノコとやってきたというようなものです。(受け入れて下さってありがとうございます。)それなのに、私が自分のレベルも顧みず「物語文は、いまいち理解できなくてもなんとなく意味が推測できてしまうから、きちんとイタリア語が理解できていないと読めない、というようなテキストがいいです」などと口走ってしまったもので、昨冬は哲学系の随想がテキストとなりました。柱本先生は、「エッセイだから。寝転がって読むようなものだからね。」「テーマは孔子と論語ということで、内容はご存じのとおり」などと優しい口調で仰ったのですが・・・。読み始めると、イタリア語の難しさと曖昧さ、日本語でも私には理解不能であろう難解な言い回し、突然挟まれる予想外の作者コメント、棘のある厭世観が見え隠れ・・・寝転がって読むどころか、膝に重石を載せて正座を強いられているかのようでした。

しかしながら、この感覚はいつか体験したものだと考えて思い当たりました。十数年前、大学入学直後の1回生の前期、一般教養の英語クラスのテキストがジル・ドゥルーズの「ニーチェと哲学」の英訳版だったのです。いわゆるポストモダン思想の複雑怪奇な文章を解読せねばならず、酷いな、大学の授業というのは学生のレベルを考慮しないのだなと思うと同時に、これは現代教養の世界への扉なのかもしれないと心を熱くしたものでした(その扉は不精な私には開かれませんでしたが)。講師の先生は「今の貴方達には全く理解できないかもしれない。でもきっと、十年後、二十年後に思い出すこともあるでしょう」と仰っていたのですが、こんな形で思い出すことになるとは・・・。

話しが逸れてしまいましたが、このイタリア語講読クラスは私にとって、本当に他に得難い貴重な場です。市井のカルチャースクール的語学クラスでは、スペイン系ユダヤ人思想家がドイツ語で書いた中国思想についての随想のイタリア語訳がテキストになることなんて、絶無でしょう。また、予習をさぼる余地もないし、思ったことはすぐ口にできますし、何がわからないのか自分でもわからず疑問点をきちんと説明できない時でも、先生は的確に汲み取って丁寧に答えて下さいます。そして、「ラテン語ではどうでしょうか、広川先生?」「そうですね、ラテン語では・・」。二人のプロフェッショナルと一緒に学ばせて頂き、こんな有難いことはないなあ、と思う毎回の授業です。ちなみにテキストはその後も、広川先生と私のリクエストを一ひねり、二ひねりした興味深いものを頂いています。

というわけで、私と同じようなレベルのメンバーが一人くらい増えてほしいような、このまま一人で幸運を享受しておきたいような、複雑な気持ちで、毎週、石段を登っています。(受講生N.Hさん)

タグ

2012年11月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

大人クラス会員募集のお知らせ

山の学校では2011年9月から次の時間割の中で大人向けのクラスを新設する予定です。

時間の枠は現在の夜のクラスと同じく80分を1コマと数え、午前に2コマ、午後に2コマを予定しています。
1 9:10~10:30、2 10:40~12:00 3 12:40~14:00 4 14:10~15:30

クラスの候補と講師名は次の通りです(敬称略)。

1 イタリア語(柱本元彦)

2 ロシア語(山下大吾)
3 英語(浅野直樹)
4 ラテン語(広川直幸、山下大吾)
5 漢文(木村亮太)
6 フランス語(武田宙也)
7 経済学入門(百木漠)
8 歴史入門(岸本廣太)
※太字は開講が決定している科目です。

ご都合のつかれる曜日をお知らせいただけたら、講師と連絡をとり、出来る限りご希望に沿った形でのプラニングを進めたいと思います。

お問い合わせはお待ちしています。

離れの写真

教室は「離れ」を使います。

タグ

2011年5月26日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:クラス

new! イタリア語、会員募集中です

4月からのイタリア語講読クラスは、現在新しい参加者を募集中です。

講師: 柱本元彦
時間: 月曜日 18:40-20:00
クラス紹介:

 「現在イタリア語クラスで開講しているのは講読のみです。前回は現代作家タブッキの短編小説を読みましたが、今回は美術に関するものを選んでみました。フェデリコ・ゼーリの『わたしの好きなクリスマスの絵』(Le mie nativita’)という小さな本です。

頑固なアカデミズムに反抗しつづけたドライでとんがったゼーリ教授が、70 歳を迎え、ゆったりくつろいで書いた文章です(1993 年に雑誌連載、教授は1998 年に亡くなりました)。いつもながら簡潔明快な言葉はそのまま、これ以上はないほどシンプルに絵画の魅力を語っています。

とりあつかうのは、西ローマ帝国末期のモザイクから、ジョット、ジェンティーレ、ボッティチェッリ、ティントレット、ベラスケス、ティエポロまで、12 点の作品です。それぞれの絵に添えられた解説はわずか一ページ半ですが、興味深い語りに耳を傾けながら多様なスタイルの相違を味わうことができます。

ともかく今回の学習テーマは、美術解説に頻出する用語や言い回しに慣れることです。イタリア語で書かれた美術関係書には難解なものが多いのですが、将来そういった文献を読むための格好の入門書と言えます。」(文責柱本元彦、「山びこ通信」最新号より抜粋)

プロフィール: 柱本元彦(はしらもともとひこ)
1961年生まれ。京都大学大学院博士後期過程修了。ナポリ東洋大学講師などを経て、現在は大学非常勤講師、翻訳家。訳書にフェッリーニ『魂のジュリエッタ』(青土社)、ランドルフィ『カフカの父親』(共訳、国書刊行会)、カッチャーリ『必要なる天使』(人文書院)、エーコ『カントとカモノハシ』(岩波書店)、レオパルディ『カンティ』(共訳、名古屋大学出版会)など。

※お申し込み、お問い合わせはフォームメールにてどうぞ。

タグ

2011年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス

『私とギリシア語』

自分の通っている大学の担当教授の専門がギリシア哲学で、実は、ギリシア語には大きな憧れをもっていました。とりあえずラテン語文法を終え、講読の授業を受けていた頃、ギリシア語を始めたいなと思い、冬学期の半ばだったと思いますが、山下先生に「ギリシア語がやりたいです。」と、言いました。すると、「じゃあ、やりましょうか。」と、二つ返事でおっしゃって、お山の学校にギリシア語文法のクラスが新設され、春学期に新しく広川先生がいらっしゃいました。三回生をむかえた昨年の春のことです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2010年8月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

このページの先頭へ